クリア
関連するタグ ナベヅル 出水 H7N9型 中国
鳥インフルエンザ」 の検索結果 2571 記事
 外国人観光客が急増している関西国際空港で、5月末に新しい検疫探知犬2匹がデビューした。日本に持ち込めない肉製品や果物を旅客の手荷物から嗅ぎ分け、鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫といった家畜伝染病..
「セーブ・ザ・ワールド(世界を救う)」を掲げ、ウイルス研究に取り組む河岡義裕教授=東京都港区で 河岡義裕(かわおか・よしひろ)さん(60)  エボラ出血熱、新型インフルエンザなど人類の生存を脅かす..
 [ハノイ 13日 ロイター] ベトナムの当局者は13日、中国から国境を越えて密輸されたニワトリから毒性の高い「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスを検出したと明かした。  当局は不正にべトナ..
 H5亜型鳥インフルエンザの感染を高い精度で迅速に判定する遺伝子検査技術を、麻布大学の塚本健司教授が開発した。既存の簡易検査では特定できないH5亜型の感染の有無を最短30分で判定できる。検査は専門技..
 県は26日、いわき市小名浜の海辺で、死んだミズナギドリ計13羽が見つかったと発表した。3羽の死骸で鳥インフルエンザの簡易検査をした結果、いずれも陰性だったという。  県自然保護課によると、26..
 本州唯一のナベヅルの渡来地、山口県周南市八代に5月17日、出水市で保護されたナベヅル3羽が移送された。渡来するナベヅルの数を増やそうと、周南市が出水市の協力を得て続ける試みで、3年ぶり7回目、計20..
2016.05.15発行  熊本県は、4月14日から5月1日午後3時現在までに判明した平成28年熊本地震の農林水産関係の被害推計をまとめた。  内訳は、農作物関係が10億8121万円、農業施設が2..
 ■「獣医師確保に役立てて」  昨年12月に急死した島根県江津家畜衛生部家畜衛生課の徳永清志課長=当時(56)=の遺族が13日、退職金の大半に当たる1千万円を県に寄付した。遺族は故人の思いを尊重..
「禍(わざわい)転じて……」とは、このことかもしれない。  2004年に高病原性鳥インフルエンザが大発生した京都府京丹波町の巨大な養鶏場跡地が、映画・ドラマのロケ地として生まれ変わろうとしている..
朝日新聞が検査に出した、「フランス産」として売られていた羽毛布団から取り出した羽毛  「今回は値段優先で」――。羽毛布団の産地偽装を示唆する羽毛業者の生々しいやり取りの音声記録を朝日新聞は入手した。..
◆インフル研究の世界的権威  北海道大は、インフルエンザウイルス研究の世界的権威として知られる喜田宏・同大名誉教授(72)に対し、「ユニバーシティプロフェッサー」の称号を贈った。  この称..
 高病原性鳥インフルエンザのウイルスの一部がヒトの体内で遺伝子変異を生じており、増殖力が強くなっていることを、京都府立医科大の渡邊洋平講師らが突き止めた。鳥インフルエンザウイルスの感染力の測定や新薬開..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ