クリア
関連するタグ ベガルタ仙台
J1」 の検索結果 988 記事
相性の良いセレッソ相手に常に先行される展開になってしまった。 2点ビハインドから1点返すも、また突き放され・・・を2回繰り返してそのまま終了。 ユアスタでセレッソに負けたのは、10数年ぶりだとか。..
 6月21日に行われた天皇杯サッカーの2回戦。早くも、J1の4チームが姿を消しました。  ・北海道コンサドーレ札幌:いわきFC(福島県代表)に2-5で敗退。  ・FC東京:1-1の末、PK戦で..
先制されたが、中野のベガルタでの初ゴールで追いついてそのままドロー決着となった。 アウェイでの追いついての勝ち点1は上々。サガンが継続していたホームの完封勝利の連勝記録も止めたことだし。 しかし、..
前半を1-0でリードして折り返した。 後半に相手に退場者が出て数的優位になったこともあって2点を追加。3-0の完勝だった。1、2節以来久々の連勝となった。 石原、クリスラン、梁と攻撃陣が店を取れた..
ボール保持率もシュート数も上回っているのに、ミスからカウンターを食らいクリアしたはずが相手にボールを渡すというミスまで重なって先制されてしまった。 この嫌な流れを断ち切ってくれたのは途中交代ではいっ..
1-1のドロー。 とりあえず相性の良いアウェイマリノス戦の負けなし記録を伸ばした。 しかし正直な所、勝っていてもおかしくないというか、勝って欲しかった。 試合を支配しつつ、決定機を何度外したこと..
前半に得たPKで先制するも、このリードを守りきれずに敗れた。 最下位相手に勝ち点を献上することも、後半終了間際に失点することも、『ベガルタあるある』だ。 一見流れを握っているようでいて、枠を捉えた..
前後半通して、良い流れで試合をしていたし、いい攻撃が出来ていた。が、ゴールを割ることだけが出来なかった。 そうこうしているうちに、前半、後半に1点ずつセットプレーからのこぼれ球を大久保に決められてし..
FC東京U―18に所属するU―20日本代表FW久保建英 15歳 が ルヴァン杯1次リーグA組の札幌戦に途中出場。 ・・・J1デビューです。 飛び級飛び級・・・U―18でもすでに飛び級なんで..
前半は耐える『いつもの』展開。これを無失点で切り抜けて、後半に得たPKでの得点を皮切りに一気に勝負を付けた。 鬼門のひとつでもある日本平での3得点快勝。しかも完封勝利というのがよかった。 公式記録..
前半はマッタリと時間が過ぎていったが、後半は一転して怒濤の展開だった。 先制されて10分後には2点のビハインド。 またか、という思いも出たが、今日のベガルタは違った。 1点を返したところから8分..
前半は前節同様攻撃も守備も後手後手で何も出来なかった。 良いように翻弄されて3失点。前節の悪夢が再び現れるのかと思ってしまった。 が、後半頭から選手交代をしたことで、劇的に良くなった。 早い段階..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ