クリア
関連するラベル ベガルタ仙台
J1」 の検索結果 993 記事
久々に得点を挙げて、久々に勝ち点3をゲットした。 実際に取れたのは奥野の1点だけだったが、今日はいつになくゴールへの意識があったように思う。 それと同時に守備も素晴らしかった。つまらないミスも多か..
圧倒的に攻め込まれる中、何とかゴールだけは死守した。 失点しなかったのはツキもあったが、とにかく無失点で終わらせることが出来た。そのことはポジティブに考えても良いと思う。 問題は攻撃。そもそもあま..
今日の主役は霧だった。 試合開始頃から立ちこみ始め、どんどん真っ白に。カラーボールが投入されたが、一番酷い時にはそれすらどこにあるか分からなかった。当然、ボールを保持しているのが誰か分からないなんて..
前半は珍しくシュートが7本全て枠に飛んでいた。といっても、ゴールラインを割ったものは1本も無し。 点は取れなかったが、取られもせずに踏ん張っていたが、後半にCKから先制されてしまった。 この後から..
結論から言えば、『詰めが甘い』 2点ビハインドから同点に追いついたことは凄くわくわくした。それも5分間で2点取った凄いと思った。 そのまま押し気味に試合を進めていて、相性の悪いガンバから久々に勝ち..
相性の良いセレッソ相手に常に先行される展開になってしまった。 2点ビハインドから1点返すも、また突き放され・・・を2回繰り返してそのまま終了。 ユアスタでセレッソに負けたのは、10数年ぶりだとか。..
 6月21日に行われた天皇杯サッカーの2回戦。早くも、J1の4チームが姿を消しました。  ・北海道コンサドーレ札幌:いわきFC(福島県代表)に2-5で敗退。  ・FC東京:1-1の末、PK戦で..
先制されたが、中野のベガルタでの初ゴールで追いついてそのままドロー決着となった。 アウェイでの追いついての勝ち点1は上々。サガンが継続していたホームの完封勝利の連勝記録も止めたことだし。 しかし、..
前半を1-0でリードして折り返した。 後半に相手に退場者が出て数的優位になったこともあって2点を追加。3-0の完勝だった。1、2節以来久々の連勝となった。 石原、クリスラン、梁と攻撃陣が店を取れた..
ボール保持率もシュート数も上回っているのに、ミスからカウンターを食らいクリアしたはずが相手にボールを渡すというミスまで重なって先制されてしまった。 この嫌な流れを断ち切ってくれたのは途中交代ではいっ..
1-1のドロー。 とりあえず相性の良いアウェイマリノス戦の負けなし記録を伸ばした。 しかし正直な所、勝っていてもおかしくないというか、勝って欲しかった。 試合を支配しつつ、決定機を何度外したこと..
前半に得たPKで先制するも、このリードを守りきれずに敗れた。 最下位相手に勝ち点を献上することも、後半終了間際に失点することも、『ベガルタあるある』だ。 一見流れを握っているようでいて、枠を捉えた..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ