クリア
JR きっぷ ルール」 の検索結果 30 記事
利用者の便宜を図ったルールとしては、特定区間と似た「選択乗車」の制度もあります。 これは、指定された区間において、乗車券に記載された経路=運賃計算に使った経路以外の、 別な経路も選んで乗車..
運賃計算の元となる営業キロ、運賃計算キロは実際に乗る経路どおりに 計算することが原則です。しかし、原則があれば、例外もあるのが世の常。 以前ご紹介した近郊区間など、最たるものかも知れません。 ..
例えば、東京から池袋までJRで行く場合、山手線内回り電車に 乗れば25分ほどで着きます。ただし、中央快速線に乗り、新宿 で埼京線に乗り換えても、所要時間は25分ほどです。 どちらを選ぶか..
定期券の「お求めの際に通勤先の証明などは不要です」(JTB)とあります。これは通勤先が空欄でも一向に差支えないことを物語っています。 実際、駅で聞いてみても、「構わない」とのことでした。 ..
さらに定期券を2つに分けると安くなる例をみてみましょう。 京都から垂水(たるみ、兵庫県)までJRで通勤する場合、 6カ月の定期運賃は次のようになります。  京都ー垂水(89.0キロ)..
例として、北千住ー天王台間(28.8キロ、電車特定区間)をみます。 通しで1カ月定期券を買うと13,900円です。 これを、北千住ー馬橋間(13.9キロ、電車特定区間)、 馬橋ー天王台間..
JRの時刻表には定期運賃は100キロまでしか掲載されていません。 100キロを超えたときには、例えば101キロの時の定期運賃は、100キロの定期運賃+1キロの定期運賃となります。 つまり、..
1~3キロ(JR3社の幹線)の6カ月の定期運賃は21,760円です。1カ月の定期運賃は4,540円との関係を計算してみますと、 140円×30日×6カ月×1.08=27,216 ≒27,2..
3カ月定期券の計算は下記のようになっています。 1~3キロ  140×30×3カ月×1.08=13,608×0.95  =12,928→12,930円 4~6キロ  170×30×3カ月..
普通運賃のところで、JRの普通運賃は区間制をとっているため、 問題が多いと記述しましたが、1回こっきりの普通運賃と比較して、 毎日乗車するような定期運賃では矛盾が噴出してしまいます。 つ..
定期運賃は、普通運賃をもとにして決まっています。 1~3キロ(本州3社の幹線)の普通運賃を例としてみてみましょう。 この区間の普通運賃は、140円で、定期運賃は4,540円です。 「140×30..
今回は、具体例でかんがえてみましょう。 東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都..
前のページ    1  2  3    次のページ