クリア
JR きっぷ ルール」 の検索結果 41 記事
山手線内発着の乗車券のキソクについて、詳細をご説明します。 東京駅から101~200キロの間にある駅から山手線内の駅までのきっぷを買うと、運賃が、出発駅から目的駅(山手線内の駅)の距離に関係..
運賃計算にはルールがあることを以前いいましたが、やはり特例があります。いくつかの特例のうち、ここをきちんと抑えておかねば、自分で運賃計算どころか、キソクを上手につかうこともできません。 その..
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。今回は3回シリーズの最終回です。 例5 京都-神戸(75.9キロ)が特定区間(1,080円)で普通運賃(1,240円)と比べて160..
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。 例3 JR中央線吉祥寺(東京都)からJR京浜東北線蒲田(東京都、営業キロ30.4キロ)は、吉祥寺-渋谷(営業キロ15.6キロ)と渋..
3回にわたり、特定区間をうまく活用して節約した例を考えていきます。 例1 JR成田(千葉県)-上野(東京都、営業キロ66.4キロ)は私鉄の京成本線(京成上野-京成成田)と競合しているところです..
「東京・名古屋・大阪の特定区間の普通・定期運賃表」というのが時刻表にポツンとの掲載されています。なんの説明のないため、いろいろ憶測をよぶところですね。 じっと目を凝らしてみると、どうやらこれは、..
Aさんは青梅線日向和田(東京都)から中央線新宿(東京都)へ通勤している人です。 Aさんは6ヵ月定期券を買って通勤していました。値段は、114,780円です。 この区間の1ヵ月の定期の定期券のお..
先日の「【ああ無情!】普通運賃は区間で決まっている。区間を1メートルでも超えると無情にも上がっちゃう」というコラムで、静岡-東京間3,350円は、たった200mのために運賃が180キロまでの運賃よりポ..
本州3社の幹線の運賃表の特徴を分析してみましょう。 ここでは、本州3社幹線の普通運賃表・運賃は区間ごとにいくら上がるかという一覧表は示しませんが、下記のような特徴があります。 (1)4キロの運..
本州3社幹線の普通運賃できっぷを2つに分けたときの実例を見てみます。 大船(神奈川県)-二宮(神奈川県)間(東海道本線の幹線区間です)は26.6キロ、運賃は500円(IC運賃:496円)です。そ..
当たり前のことですが、15キロが一番安いとすれば、30キロの場合、15キロと15キロに分けてきっぷを買えば安くなります。  30キロの本州3社の幹線普通運賃は500円  15キロの本州3社の幹..
「特定区間」をうまく使って、きっぷを2つに分けると運賃が驚くほど安くなってしまう事があります。 東海道本線(琵琶湖線)の山科(京都府)から神戸(兵庫県)へ行くとき、山科は特定区間に入っていないた..
前のページ    1  2  3  4    次のページ