クリア
SQL」 の検索結果 409 記事
日付絡みのSQLで良く利用する、今日・昨日・明後日を求める場合のSQL文です1列目のdatediffresultでは今日と明日の日付差を求めています。 select datediff( DAY, c..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL条件に応じてデータを更新する時にはCASE文中にUPDATE文を使用します、この更新では同じ列内のデータに対し、条件に応じて異なる更..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQLデータを更新する時にはUPDATE文を使用します(書き方は以下のとおり)UPDATE テーブル名 SET 列=値 WHERE 条件 ..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQLテーブルにデータを追加する時にはINSERT文を使います(書き方は以下のとおり)INSERT INTO(列1,列2,~)VALUES..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQLテーブルにデータを追加する時にはINSERT文を使いますINSERT INTO(列1,列2,~)VALUES(値1,値2,~)下の例..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQLCOALESCE関数を使うと、項目地がNULLの時、任意の値を表示させることができます。NULL値のままではSUM関数の集計対象外に..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQLCAST関数を使って数値を文字列へ変換したり、文字列を組み合わせて結合し日付型に変換することができます。下の例では、卸単価を可変長文..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL文字列の前後にある空白を除去したいときにはTRIM関数を使います。   下の例で文字列の前後に半角スペースが入っており、左がTRIM..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL文字列内にあるアルファベットを大文字や小文字に変換するにはUPPER関数やLOWER関数を使います。下の例では左から商品名にあるアル..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL文字列の置換にはREPLACE関数を使います。下の例では左から商品名にある"インチ"を"inch"に置き換えています。Oracleも..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL部分文字列を切り出すにはLEFT関数やRIGHT関数を使います。下の例では左から商品名・商品名の左から9バイト・商品名の右から9バイ..
LibreOffice5.3以降 BASE Firebird SQL文字列を文字コード(十進数)に、文字コード(十進数)を文字列への変換関数です。下の例ではAとaを文字コードに変換し、文字コード65を..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ