クリア
unity」 の検索結果 921 記事
今回は「Player」スクリプトに追加でコードを記入して地面から落ちた時、または敵に接触した時にゲームオーバー表示させてリトライボタンで再度Stage1から始めるやり方を書いていきます。 で..
今回はPlayerが地面から落ちた時、または敵に接触してしまった時に、ゲームオーバーのテキストとリトライボタンを表示させる事までを書いていきます。 まずゲームオーバー時にリトライボタンを押し..
今回はある場所にたどり着くとステージクリアにさせるスクリプトを書いていきます。 その前に、Playerが触れてクリアにさせる為の見えない(透明のオブジェクト)を生成しておきます。 まずメニ..
今回は「Enemy」スクリプトにPlayerが追いかける為の範囲内に入ったらEnemyオブジェクトが追従してくるコードを書いていきたいと思います。 では「Enemy」スクリプトをダブルクリッ..
今回は舞台の完成と追従してくる敵の生成、色付けを行います。 では舞台の完成から行います。 「jimen6」を左クリック後に、右クリックしてDeplicateで複製します。 複製した名前を..
今回はPlayerを邪魔する為、左から転がってくるボールの障害を作成したいと思います。 その前に地面を少し足して舞台を作ります。 「jimen2」オブジェクト左クリックした後、右クリッ..
次はiPhoneかiPadを使って、実機で動作確認をしてみましょう! ではPCにUSBケーブルを挿してiPhoneかiPadに繋げて下さい。 App Storeから検索を押してunity ..
前回は「F」、「B」、「R」、「L」ボタンを使用してPlayerを移動させる設定を行いました。 次はPC用にキーボードで操作出来るようにしたいと思います。 では生成していたC# Scr..
前回の、IOS用アプリ仕様の3Dジャンプアクションゲームを作ってみる。(その4)では、 「F」ボタンの設定を完成させました。 あと残りの3つのボタン「B」、「R」、「L」ボタンの設定を..
今回はボタンをタッチ(PC上ではクリック)すると、ボールが前後左右に移動するスクリプトとボタンの設定を行いたいと思います。 前回の最後にAssetsフォルダー内にC# Scriptの「P..
今回は前後左右のボタンを生成してPlayerを移動させる為のスクリプト作成までを書いていきます。 初めに今現在、シーンビューのタブとゲームビューのタブは隣同士にありクリックして切り替えら..
iOS用アプリ仕様の3Dジャンプアクションゲームを作ってみる。(その1)の続きとなる記事になります。 では説明していきますー。 まずはjimenオブジェクトをクリックしてタグと言う..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ