買取

【2021年最新】遺品整理業者おすすめランキング!遺品整理にかかる費用で料金相場が安いのはどこ?

遺品整理は故人が大切にしていた品を整理し故人の暮らしていた家や部屋をきれいにすることで、遺族が行う場合と専門の業者に依頼する場合があります。

多くの高齢の両親を抱えている人は、自分の仕事が忙しく遺品整理のことに詳しくないので、できれば業者にお願いしたいと思っている人が多いのではないでしょうか?

しかし業者に依頼するにしても業者の選び方が分からない、依頼する際の費用や料金相場についても精通していないので、簡単に遺品整理のことを理解して悩みを解決したいと感じていると思います。

業者によって特徴や得意・不得意があるので充分に検証する材料として詳しく説明していきます。

遺品整理業者
表はスライドしてご覧いただけます
業者名 特徴 買取り
方法
事前
査定
送料 査定
期間
入金
日数
対応
エリア
遺品以外の
買取り
オールサポート オールサポートは関西エリアや関東エリアで
遺品整理などの実績がある会社。
口コミでも4.08の高い評価を得ています。
電話による依頼に対応 概算見積りで、現地で確認。   商品の種類・数量により見積もりで提示。 見積もり10分程度で査定。 作業終了後に顧客の確認があり、精算・支払い。 全国 買取り可能品を査定し、買取り
ライフリセット ライフリセットは遺品整理で、早い、安心、信頼をモットーに全国各地で対応する会社。
遺品の処分や買取り、供養、清掃なども行います。
電話受付。無料見積もり スタッフが査定。 作業前に料金説明。距離による配送料。 最短30分程の早めの査定。 作業前に料金説明、支払いは現金やクレジットカード。 全国 買取り可能品を査定し、買取り。
バイセル バイセルは着物の買取りのコマーシャルで有名で、遺品整理でも生前整理や遺品買取りで実績がある。
日本全国からの申し込みに対応しています。
電話で問い合わせ、出張査定。 電話で日時を相談し、査定を実施。 送料は全国一律650円、商品を一定以上買い上げは無料。 連絡が数日の場合があり、急ぎは連絡が必要。 買取りの場合、基本的にはその場で現金買取り。 全国 着物や切手、古銭や毛皮など多種類を買取り。
エコノバ エコノバは社会的に重要なゴミや資源の課題解決からスタートした会社。
信頼できるプロの遺品整理専門業者などを全国規模で紹介します。
地域や作業種別を選択し、無料査定を行う。 地域等の選択後、専門業者が査定。 紹介する専門業者により、サービス内容や送料が異なる。 問い合わせの後、簡単に見積もりを行う。 紹介の専門業者の条件に従って、入金を行う。 全国 家具やダイエット器具、チャイルドシート等買い取り。
ゴミ屋敷バスター七福神 ゴミ屋敷バスター七福神は、遺品整理の他ゴミ屋敷清掃や不用品回収など幅広いサービスを提供。
業界最安値を目指しています。
電話等で依頼、見積もり後に作業し料金支払い。 メールなどで依頼し、無料見積もりを行う。 見積もりの際一括プラン料金で、追加料金は不要になる。 リサイクル品は現場査定、貴金属等は事前相談。 見積もりに応じた支払い、クレジットの支払いも可能。 関東8県・関西6県・東海4県。 ブランド品や未使用の新品の家電などを、買い取る。
EMEAO EMEAOは業者選定を行う会社で、遺品整理業者を選ぶ悩みを解決。
失敗しない選び方を伝えてくれます。
電話等で相談後に、マッチした専門業者を紹介。 要望や条件に合う業者が、短期間に査定。 品物の量や種類により、パックプランは送料が含まれる。 業者による短期間の査定が、実施される。 推薦された業者の条件による入金が、実施される。 全国 紹介業者が、家具やブランド品、家電などを買い取る。
ザ・ゴールド ザ・ゴールドは着物買取り店でマスコミでも紹介されている会社。
生前整理や遺品整理のサービスを行っています。
店頭買取りや出張買取り、宅配買取りなを実施。 遺品鑑定士などが、品物の査定を行います。 査定で支払う振込料は企業が負担し、返送は顧客が負担。 査定期間は、1週間前後になる。 査定に納得では口座に振り込み、納得しない時は返送。 全国 金の急須やダイヤモンドリング、帯留等を買い取る。
みんなの遺品整理 みんなの遺品整理は、都道府県から適切な遺品整理業者を探すサービスを行う会社。
安心で安全な業者をスピーディーに紹介します。
都道府県から最適遺品整理会社を紹介して作業する。 複数の合い見積もりで、適正査定を行う。 物量による料金設定で、基本料金に積み込み料等を含む。 査定期間は顧客と相談し、査定は鑑定士が行う。 作業終了時点で、最終確認をしてサービス料金を支払う。 全国 食器棚やタンス、テーブルやこたつなどを買い取る。
遺品の整理屋さん 遺品の整理屋さんはもともと便利屋として創業。
顧客の遺品を大切に整理する。
他の有名な遺品整理会社の遺品整理業務を実施しています。
問い合わせて無料見積もり後に作業、終了後に支払い。 問い合わせ後は見積もり無料で査定をする。 基本料金にほとんどの料金が網羅され、送料も含まれる。 問い合わせ後担当者が現地に行き、査定を行う。 作業が終わり最終の確認後、サービス利用料金を支払う。 関東地方全域対応。 骨董品類や着物、切手や古銭、ブランド品等を買い取る。

遺品整理とは

身内を亡くした遺族にはお葬式や各種手続きなどの他に遺品の整理という仕事が待っており、故人の生活用品や思い出の品々を片付けることが必要になります。

人が生きていればある程度の量の身の回り品を持っているもので、故人を偲びながらも身の回り品を遺品として取っておくか処分するかなどに悩むことが予想されます。

処分する場合でも買い取ってもらうか廃棄するかの判断が難しいケースも考えられ、遺品整理を終えて初めて故人とのお別れや故人との人生の区切りをつけるためにも遺品整理は大切な行事と言えます。

近年は核家族化や高齢化などの要因もあるので、遺品整理が複雑になってきて遺品整理への注目度が高まってきています。

デジタル遺品

デジタル遺品は、パソコンやスマートフォンなどの機器の遺品とブログやSNS、ネット銀行口座などのインターネット上にある故人のページなどになります。

デジタル遺品が通常の遺品と異なる点は、自分以外からの見えにくさやパスワードの強固さ、バックアップなどによる分散のしやすさや検索性の高さなどです。

パスワードでロックされた端末内にかけがえのないデータが残っている場合や故人が残したままのブログが荒れて困っている事態に陥った場合は、専門業者に依頼するのが一番早い解決方法と言えます。

遺品整理業者の選び方

遺品整理業者を選ぶ際には、複数の会社から見積りを取って比較し実施の作業内容を確認することが大切です。

複数の会社からの見積り

多くの業者はHPなどを持っているので、HPなどで料金や作業内容、口コミなどを確認することで業者を絞り込んでいき複数社から見積もりを取ると良いでしょう。

作業内容の確認

作業内容の確認では、遺品整理と不用品処分や買取りを一緒にやってもらえるのか、追加料金が発生するのはどのような場合かなどを確認してメールや書面で残しておくことや、トラブル回避のために料金は後払いの業者にするのがベターです。

遺品整理を業者に頼むメリット

遺品整理は家族だけでは時間がかかるので、実家が賃貸で早急に引き渡す必要がある場合や実家が遠方で遺品整理に手が付けられない時は業者に依頼するケースも考えられます。

遺品整理士の資格などもある信頼できる業者に依頼することで、遺品整理を安心安全で迅速に進めることが可能になります。

遺品整理の企業

遺品整理企業は、業者を探し遺品整理や生前整理、空き家片付けなどの対応サービスを行う「オールサポート」や、最適な遺品整理業者を見つける手伝いを行う「みんなの遺品整理」などがあります。

衣類や切手、金やプラチナなどの買取り企業

バイセル」は衣類や切手、金やプラチナなどの買取りで圧倒的な実績があり、敏腕査定士が出張買取りや店頭買取りなどで的確な査定を実施しています。

不用品回収の企業

エコノバ」は東京中心の不用品回収業者で、不用品回収について信頼を得られる企業活動を展開しています。

ゴミ屋敷バスター七福神」は不用品回収や粗大ごみ処分などを行っており、業界最安値で最高品質、最速回収を目標にしています。

遺品整理を業者に頼むデメリット

遺品整理を業者に頼むデメリットは、自分で遺品整理するよりも費用が高くなりやすいことや気持ちの整理をつけるための時間がないことなどがあります。

遺品整理業者の比較表

表はスライドしてご覧いただけます
間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~
80,000 円
1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~
120,000円
2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~
200,000円
2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~
250,000円
2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

遺品整理は故人を偲ぶ上で大切なものなので、安心して故人を送り出すためにも適切な遺品整理業者に依頼することが重要になります。

費用は安く抑えたいと思うが作業の質も重視したいので、料金と作業内容のバランスが取れている会社が望まれます。

遺品整理業者を比較する場合、訪問見積もりをしてくれるか、見積もり料金・内容が提示されているか、問い合わせや見積もりの時の対応が丁寧か、協会認定の優良業者かどうかなどが判断のポイントになります。

遺品整理の料金相場

遺品整理の料金相場は、「みんなの遺品整理」に掲載の600社以上のホームページ、3万人以上の実際に利用した金額のデータを参考に算出した下記の部屋の広さと作業時間により設定されているのが一般的です。

遺品整理の料金が決まる要素

遺品整理の料金は基本的な部屋の広さや作業時間で設定されていますが、作業内容や処分品の量などにより変動する場合があります。

荷物の量や種類が多い場合

例えば同じ部屋の広さのワンルームでも、処分したい荷物が多いと処分費用が上がりやすく、広い部屋でも荷物が少ない場合や家具家電が新しく買取り品が多いと安く済みます。

遺品整理業者の選択基準

遺品整理業者を選ぶ場合は大切な遺品を扱うので信頼できる業者を選ぶことが大切で、ひとつの目安として遺品整理士の資格を持つスタッフがいるかどうかの確認があります。

遺品は故人が愛用していた想いのこもった品物が多いので、遺品をひとつひとつ丁寧に扱ってくれる業者を選ぶことも大事です。

遺品の供養をしてくれるか、遺品整理以外のサービスの不用品の回収や買取り対応、清掃などについてチェックも大切です。

料金体系が明確で見積もり金額以上の追加費用がない業者を選ぶことも、予想以上に出費がある遺品整理では重要になります。

遺品整理の流れ

遺品整理のおおまかな流れは、遺言を確認して遺品の仕分けを行って、遺品の行き場を決めることになります。

遺言書の確認

遺言書で遺品について個人の記載があり法的にも有効とされる場合はその通りに実施する必要があるので、まずは遺言書の有無を確認することが必要です。

遺品の仕分け

遺品は電化製品など大型家財道具と衣類や雑貨など比較的小さい小物類、アクセサリーや時計など貴金属類、通帳や印鑑、契約書など貴重品に仕分けます。

遺品の行き場の決定

仕分けた遺品は、形見分けするもの、買取りや寄付などリサイクル・リユースするもの、処分するものにさらに仕分けます。

どのようにするか判断に迷うものは、一旦保留品で分類しその他の物品の仕分けが終わってからあらためて整理します。

遺品整理をプロに依頼した場合の流れ

最近は遺族の高齢化や遺族が遠方に住んでいることなどで遺品整理が困難な場合があり、遺品整理の専門業者に依頼するケースが増えてきました。

遺品整理を専門業者に依頼する際の流れは、業者選びと見積もりを行った後に整理作業が開始されて、整理作業の終了後に清掃が実施され現状の回復が行われます。

業者選びと見積り

現在は多くの遺品整理業者がありますが、中には法外な値段を要求する悪徳業者も存在するので、そのような業者を選ばないように注意が必要です。

専門業者には民間資格の遺品整理士の資格保有者が在籍する企業や不用品を回収できる一般廃棄物収集運搬許可証を所持する事業者もあり、優良業者を判断する目安になります。

実際に事業者を利用した人の口コミ情報も参考になりますが、事前に事業者に故人宅を訪問してもらって荷物の量やサービス内容・サービス範囲を確認して、料金比較のために3社程度の合い見積もりを取ることがおすすめです。

整理作業

作業当日は決められた人数で効率よく作業が行われ、分別に手間がかかる不用品の回収やリサイクル品の買取り、人形や仏壇などの引取と供養も行ってくれるので、遺族としてはかなりの負担軽減になります。

ただし、必要なものまで処分されてしまうこともあるので、遺品の仕分け作業は遺族が行うか遺族立ち合いの下で事業者に仕分けしてもらうことが大切です。

清掃(原状復帰)

多くの事業者は整理事業の後に簡易清掃を行いますが、追加料金により本格的なハウスクリーニングのサービスを提供する事業者も多いので事前に確認して利用すれば便利です。

遺品整理を行う時期

遺品整理を行う時期は各家庭によって様々で持ち家と賃貸住宅では事情が異なりますが、賃貸の場合は退去が遅くなるほど家賃が発生することになります。

法要の時期

法要の時期に合わせて遺品整理を行う場合は、四十九日や新盆、一周忌、三周忌などのタイミングを目安に遺品整理を行うことが多い傾向があります。

遺族はそれぞれが仕事や子育て、介護などで忙しい場合や、遠くに住んでいて頻繁には集まれないことが多いので、遺族が一堂に会する法要の場で遺族みんなの考えを聞いて相談しながら遺品整理を行うことが大きなトラブルを避けることに繋がります。

葬儀後の手続きに合わせた遺品整理

葬儀後は手続きが多いので、故人の身の回りの手続きが完了した時期の遺品整理も比較的多く見られます。

葬儀後の銀行や保険、行政関係の手続きなどの優先課題が決着したタイミングで、落ち着いて遺品整理を始めると良いでしょう。

持ち家の場合の遺品整理

持ち家の場合には遺品整理の実施を急ぐ必要がないので、遺族の気持ちが落ち着いてから時間をかけて整理することが可能になります。

遺族の気持ちの切り替えができないうちに急いで義務的に片づけを行うよりも、故人の遺志を尊重して思い出を振り返りながら丁寧に遺品整理を行うことが供養にもなります。

遺品整理の方法

遺品整理には遺族で行う場合と業者に依頼する場合の2つの方法があり、有利な面と不利な面が考えられます。

遺族で行う場合

遺品整理は通常は遺族が行いますが、遺族が自分たちで片づけることで個人が大切にしていた物や思い出などを振り返りながら分類していくことができて費用も抑えられます。

しかし、時間や体力に余裕がある遺族で行うのが良いと思われますが、最近は遺族が遠方に住んでいることや仕事や子育て、介護などで忙しい場合や、高齢で体力的に遺品整理が不可能なケースも増えています。

また遺族の思い入れが強い場合はなかなか捨てることができず遺品整理が進まないケースがあり、何年たっても個人の部屋が生前と変わらず残っていることもあります。

リサイクルや買取り業者に依頼する場合

遺族の遺品整理が難しい事情もあって、リサイクル業者や買取り業者に遺品を買い取ってもらうケースも見受けられるようになっています。

これらの業者は冷蔵庫や洗濯機などの家電の他に様々な日用品まで幅広く取り扱っているので、早く片づけを済ませたい場合や少しでも現金化したい場合などにはこのような業者に依頼することがあります。

買取り店はリサイクルショップよりも取扱商品が限定される場合がありますが、専門の知識や販売ネットワークがあるなどの理由から高値で買い取られる可能性もあります。

近年は買取りサイトなどが充実していてどこの店が高値で買い取ってくれるかがわかることや、出張や宅配買取りサービスで店舗に持ち込まなくても済むので便利です。

最近は個人が乗っていた車の買取りも遺品整理の一環として行われていて、中古車買い取りの業者に依頼すると保存状態によって査定が変わります。自宅のガレージの車が整理されると、その空間を利用して遺品の整理も進むので一石二鳥ですね。

遺品整理専門の業者に依頼する方法

遺品整理サービスを利用する方法もあり、遺品整理サービスはリサイクルショップや引越しなど業者が行っているサービスと遺品整理を専門に行っているサービスがあります。

サービス内容はそれぞれの企業により異なり、供養の仕方など遺品の取り扱いについても各社によって違います。

孤独死、孤立死のあった部屋の原状復帰

近年は独居世帯の孤独死や孤立死などで亡くなった場合、死後の遺体発見が遅れることが実際に起こっています。

賃貸物件で孤独死や孤立死があって長い間遺体が発見されなかった場合は遺体の腐敗で部屋が汚れることや異臭が残ることがあり、このような場合は遺品整理だけでなく部屋の原状復帰も必要になり業者の中には部屋の原状復帰まで含め対応するところもあります。

遺品整理の注意点

遺品整理を業者に依頼する場合はすべての業者が不要処分や買取りも行ってくれるわけではなく、不用処分代として別料金が請求される場合があるので、遺品整理の見積りを取る際に見積もりに不用品の処分などが含まれているかを確認する必要があります。

遺品整理業者に買取りをお願いする場合は更に注意が必要で、査定士がいて専門知識がある業者なら安心ですが価値が分からない業者に依頼すると正確な査定が困難になるので、必要最低限の遺品整理は自分でやっておくとトラブルが少なくて済みます。

遺品整理専門業者と他の業者

遺品整理は遺品整理専門業者にも他の業者にも依頼することができますが、遺品整理についての専門性や心遣い、サービスの幅広さは遺品整理業者が優れています。

例えば不用品回収業者は不用品の回収や処分には効果的ですが、故人や遺族、近所に対する心遣いやサービスの幅広さなどでは劣る面があります。

遺品整理専門業者

遺品整理業者は全国に9,000から10,000社あると言われていて、中にはきちんとした免許を持たずに営業をしている業者も混じっているので注意が必要です。

業者を選ぶポイントの1つは遺品整理士の在籍の確認であり、一般社団法人遺品整理士協会が発行している遺品整理士の資格を持つ人の在席は安心につながります。

遺品整理業者の選択基準

遺品整理業者の選択基準は、業者比較で妥当な料金であること、安心して利用できる仕組みであること、口コミなどで顧客利用満足度が高いことなどです。

Q&A

整理した遺品の供養はどうすればいい?
整理した遺品の種類によっては神社仏閣で供養したいものもあると思われますが、遺品整理専門業者の中には供養サービスを提供している会社もあります。
お炊き上げや読経はどうすればいい?
お炊き上げは想いがこもって直接捨てるのは忍びない品について神社やお寺で祈祷や読経を依頼して手放すもので、ご祈祷や読経で品を浄化することです。
葬儀場・斎場探しはどうすればいい?
葬儀場や斎場を探すのは葬儀相談・依頼サイトがあるので、葬儀の種類や特色、こだわりなど様々な検索条件で全国の葬儀場や斎場を探すことができます。
いい葬儀にするためには?
いい葬儀は故人を弔う遺族の気持ちや希望が反映される内容になることが条件となるので、遺族が希望する予算と地域で葬儀を行う準備が必要になります。