クリア
コンタクトレンズの向き不向き」 の検索結果 10 記事
スポーツや運動をする場合には、ソフトコンタクトレンズが適しています。 サイズが大きく、激しく動いたとしても外れにくいためです。 しかしスポーツをするからといってソフトコンタクトレンズでなければダメ..
眼障害の種類、原因により適したレンズが異なります。 巨大乳頭結膜炎は毎日使い捨てソフトコンタクトレンズと低DK値のガス透過性ハードコンタクトレンズ。 高DK値のガス透過性ハードコンタクトレンズ、従..
涙が少ないなどのドライアイの症状の人は水分を含むソフトコンタクトレンズは基本的には好ましくありません。 レンズに涙を吸収されてしまうぶん涙がさらに減少し、結果角膜が酸素不足になりやすいのです。 ま..
日本人の特徴として角膜のカーブがきつい(スティープ)といわれてきましたが最近の人はフラットの比率が大きくなってきています。 フラットな角膜にはハードコンタクトレンズが適しています。ソフトコンタクトレ..
コンタクトレンズは涙の上に乗っていて、まばたきのたびに動きます。つまり目を閉じるとまぶたに引っ張られて上に移動し、目を開けると再びもとの位置に戻ります。 ハードコンタクトレンズは涙の表面張力によ..
カラーコンタクトレンズは虹彩つきレンズとも呼ばれています。虹彩部(茶目)に色がつき、瞳孔部(黒目)は透明になっています。 度数のついたレンズもありますがおしゃれ目的です。視力矯正のない必要がない人も..
終日装用は朝つけて夜外すという装用方法で、ほとんどのコンタクトレンズがこのタイプです。装用時間はガス透過性ハードコンタクトレンズで12~14時間、ソフトコンタクトレンズで10~12時間が目安です。使い..
メガネやコンタクトレンズの最大の弱点といえば、「外すと見えない」ということになります。連続装用のコンタクトレンズには、まだまだ様々な問題があります。仕事によっては一定以上の裸眼視力を求められる人もいま..
コンタクトレンズの向き、不向き、いわゆる適応、不適応、レンズの種類の適応、不適応を判断する上でもっとも深刻な問題はドライアイです。 ドライアイは目の表面(角膜・結膜)が乾燥して乾く病気で最近は非常..
コンタクトレンズは主に近視、乱視を矯正しますが、近視、乱視の人なら全ての人が誰でも使用できる。というわけではありません。 その人の目の状態によって決まります。装用することによって目が危険な状態に陥..
前のページ    1    次のページ