クリア
コンタクトレンズ検査」 の検索結果 10 記事
コンタクトレンズの処方に関する手順・検査内容です。 医師によってコンタクトレンズを処方されるまでの検査やその内容についてです。これからコンタクトレンズを装用しようという人向けの情報です。 それぞれの..
処方したコンタクトレンズお適切な装用方法やレンズケアの方法を説明し1~2週間後に診察します。 その際の診察は 目の状態 レンズの状態 レンズのフィッティング などをよく診察します。レンズのフ..
今までの検査で無事適合するレンズが見つかると実際にトライアルレンズを装着してみます。 レンズのフィッティングと視力を調べます。はじめはトライアルレンズでフィッティングを確認します。問題なければ視力を..
涙の量、目の表面が乾くまでの検査でドライアイに関わる重要な検査です。コンタクトレンズ処方には欠かせない検査項目のひとつです。 涙液検査には 〔シルマーテスト〕 試験紙を下まぶたの縁に当てて、..
網膜に異常がないかどうかを調べる検査です。強度近視の人、全身的な病気がある人には必要な検査です。
眼球の内圧測定し高眼圧症の有無を検査します。高眼圧症は、緑内障を疑い検査をすすめます。 緑内障は非常に危険な病気で放置すると失明の可能性もあります。コンタクトレンズ装用とは直接の関係はありませんが緑..
細隙灯顕微鏡という特殊な機械を使用し、目を検査します。角膜、結膜、虹彩、水晶体、それに涙の状態などを調べます。使用中のコンタクトレンズを装着してもらいレンズのフィッティングなどの検査もします。
角膜形状解析装置、フォトケラトスコープ、トポグラフィーを使用して角膜の形状を調べる検査です。円錐角膜、コンタクトレンズ装用による角膜変形、角膜不正乱視などを調べます。 トポグラフィーは角膜屈折力、曲..
角膜のカーブを調べる重要な検査です。オフサルモメーター、オーケストラトメーターと呼ばれる装置を用いて検査を行います。
コンタクトレンズの処方には、様々な検査が必要になります。 まず目に何か病気がないか?コンタクトレンズが使用できる目なのか?を眼科医が診察します。 そして屈折検査で近視、遠視、乱視の種類や程度を調べ..
前のページ    1    次のページ