クリア
コーマック・マッカーシー」 の検索結果 25 記事
国境3部作(ボーダー・トリロジー)② コーマック・マッカーシー 著 黒原敏行 訳 「The Crossing」 人気ブログランキング <あらすじ> 1940年、ニュー・メキシコ州。牧場で暮ら..
08:59 09/25 ほんと、本と by ももた http://bmomo.seesaa.net/
その小説のタイトルは昔からなんとなく知っていた。しかしそのタイトルゆえに、なんとなく敬遠していたように思う。ましてや、10年くらい前に一世を風靡した(?)片山なんとかの小説タイトルがこれをパク..
ひさびさに小説を読んで心が揺れた。面白かった、よかったと軽々しく口にできない何か重いものが心に残った小説だった。ジャンルも毛色も違うが、個人的にはアーシュラ・K・ル=グウィンの「闇の左手」以来..
「悪の法則」 これはなかなかおもしろかったっすねえ。 クライムサスペンスとかそういうんじゃないんすよ。 ただただずぶずぶと沼に沈んで行く男の話。 表の世界と裏の世界があ..
20:35 04/08 カフェビショップ by ビショップ https://cbishop.seesaa.net/
今日は『悪の法則』についてです。
22:08 12/13 シネマ名画座 by 支配人見習い1号 http://meigaza.seesaa.net/
 年末が近づき、また映画館が新作で色めき立っている中、一日の仕事終えてからいつものようにレイトショーへ。 SPECの完結編を1番に観たいところだったけれど、もう終わりそうな作品をあえてチョイス。 ..
リドリー・スコット監督(『プロメテウス』『エイリアン』『ブレードランナー』)による最新作『The Counselor』の予告編が公開されました。 本作は『ノー・カントリー』『ザ・ロード』の原作者であ..
21:46 06/27 シネマ名画座 by 支配人見習い1号 http://meigaza.seesaa.net/
コーマック・マッカーシーが2006 年に発表し、ピューリッツァー賞を受賞した『ザ・ロード』。 おそらくは舞台は近未来のアメリカ。核戦争か何かで破滅した世界は、空は常に雲で覆われて太陽は姿を現..
ピューリッツァー賞作家のマイケル・シェイボンのユダヤ警官同盟がとても満足いく作品だったのと、最近クライムものが多いこともあって視点を変えてみた。 ザ・ロード ●感想 何が起こったのかはわ..
The Roadを読んで感動し、同じ著者の作品ということで購入。 血と暴力の国 (扶桑社ミステリー) ●感想 ハンティングの帰り道、ヴェトナム帰還兵のモスは 麻薬取引現場の残骸から24..
The Road以降、同著者の作品を意識しているのだが、 12月に著者最高の傑作とも言われている本著が出たため、購入。 ブラッド・メリディアン ●感想 アメリカとメキシコがテキサス共和..
ノーカントリー 原題:NO COUNTRY FOR OLD MEN 製作2007年 アメリカ  監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 原作:コーマック・マッカーシー 脚本:ジョエル..
前のページ    1  2  3    次のページ