クリア
パレスチナ人権センター」 の検索結果 22 記事
2012年05月02日水曜日 キャストレード(鉛の鋳型)作戦中、イスラエル空襲で、家族20人以上と共に殺されたサムーニー家の子どもたち。(MaanImages/Mohamed Al-Zano..
2012年01月18日 PCHR(パレスチナ人権センター) オリーヴの苗木の傍らに立つアブデルアズィミとマズーザ・アブルジャイラ (Image from pchrgaza.org) ..
2012年01月16日 パレスチナ人権センター 「わたしは、息子を取り戻しに裁判所に行くことができるだろうか? ノーだ」モハメドは語る。「彼らに続くますます多くが実際いるときに、息子を殺した兵..
2012年01月15日 パレスチナ人権センター 「ナセルは、子どもの勉強、ことさら英語と数学を手伝ったものだった。今、それはわたしの義務。夫を失ったわたしに賠償し得るものは何もない。彼は常にと..
2012年01月14日 パレスチナ人権センター 「ぼくたちは、その日何が起こったのか、互いに話しながら夜遅くまで起きていただろう、ぼくたちは兄弟だった、ぼくがなにかしら必要だったら彼らのところ..
2012年01月13日 パレスチナ人権センター 「最初の2年、わたしは凌いだけれど、今年、母の喪失から多くを被ってきた。母親と共にいる、あるいは母親について話す少女たちと学校で会うとき、わたし..
2012年01月12日 パレスチナ人権センター 「もうひとつ戦争があるなら、そこで死のうともわたしは動かない、わたしは二度と(同じ辛苦を)通りたくない」 ムスタファ、アブデルカリーム..
2012年01月11日 パレスチナ人権センター 「わたしは、腕に別の子どもを抱くことさえできない、6か月の新しい孫がいるのに、わたしはまだ腕に抱いていない、わたしは、ファレスの場所と感じている..
2012年01月10日 パレスチナ人権センター 「わたしが子どもたちを残したとき、わたしは歩くことができ、子どもたちはわたしの負傷を見ていなかった。最も困難な瞬間は、脚1本だけと多くの傷害を抱..
2012年01月09日 パレスチナ人権センター 「イスラエル軍は、彼らが世界で最も道徳的軍隊と言うが、彼らはわたしの娘を殺した、彼らは彼女の生存権を尊重しなかった」 イティダルとアフ..
2012年01月08日 パレスチナ人権センター 「他の子どもたちは、ディマと事件両方の記憶について話し続ける。『ディマのように死にたい』、子どもたちが時々わたしに言うこと、ストレスすべてと苦し..
2012年01月07日 パレスチナ人権センター 「誰かがぼくを砂漠に連れて行ってそこに残してくれたら、ぼくはひとたちと会わないで済むから、素晴らしいだろう」 マフムード・マタール (..
前のページ    1  2    次のページ