クリア
埴谷雄高」 の検索結果 27 記事
今年に入ってからはじめた日本SF読書習慣。SFマガジン誌のオールタイムベストや日本SF大賞、星雲賞などを手掛かりに本を選んでいるが、今回読んだのはそれらとは趣を異にする作品だ。作者は三島由紀夫..
散歩好きのわたくし特異点は、かなり昔のことであるが、散歩の途中で通りがかった見知らぬ「故人とのお別れ会」に参加したことがある。 その故人とは、「埴谷雄高」である。 若い人は知らないかもしれないが、..
▲ 2015年06月21日の Vice より。 超否定的な態度の末から生まれるかもしれない新しい宇宙 さきほど、昨日の記事「「革命」(1)」を読んでいて、「うーん・・・..
・coverdude 今日は風邪でまだ療養中というか、「風邪の経過を今ふたたびきちんと感じてみる」ということに没頭しようと思っていますが、ふと気づいた「あること」がありますので、書い..
▲ 2014年11月7日の Discovery News より。 その死者を愛した者だけが幽霊を見るという語句に誘われて 河北新報に興味深い記事が出ていました。 ..
全15巻・別巻1。 楽天ブックスって、こういうのあるんですね。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【バーゲン本】埴谷雄高作品集 全15巻・別巻1 [ 埴谷雄高 ]価格:16,999円(税込、..
▲ 作家の埴谷雄高さんが「自分のもうひとりの存在がいる」と考え続けたアンドロメダ銀河。 文字の中で続く永遠のサイクル 先日の「「人間は最初 宇宙線だった」:埴谷雄高..
なんだかよくわからないタイトルで申し訳ありません。 本当は、下の写真のような、9月28日にアメリカの十数州で火球が目撃され、その後、メキシコやグアテマラなどがあるユカタン半島で爆発した後に、..
こちらの記事は、 http://noffy.sblo.jp/article/138308514.html に移動いたしました。 よろしくお願いいたします。 移転した..
マジに,死から考えるのが,自分にとって,もはや当たり前になった。もうあと何年かが,気になる。そういう人間にとって,「未完了」などという言葉は,ちまちまして見える。その言葉に器量もスケールも感じ..
イスラエルのガリラヤ湖で、「湖底に年代不明の人工の古代構造物が確認された」という報道がありました。今回は、米国の科学系サイトのライブサイエンスの記事を翻訳してご紹介いたします。 ..
 埴谷が亡くなった時は新聞各紙に記事が出た。かなり大きな扱いだった。どの新聞を見ても、もう少し元気な頃の写真を載せてあげれば良かったのにと思ったものである。享年87歳、1997年2月17日。晩年は一人..
前のページ    1  2  3    次のページ