クリア
定跡」 の検索結果 38 記事
今回の記事は、ノーチャンス時のスジの安全度は内側の方が高い、というものであり、 スジのどちらを切るか、の延長線上にあるものである。 ノーチャンスということは、周辺のカンチャン待ちがなく、当..
今日からまた新しい生徒さんが増えました。 早速10枚落ちの指導対局で実力を確かめてから、 金の手筋を指導して18級を認定しました。 今回の生徒さんはまずグループレッスン枠で基礎的な 知識の..
今さら言うまでもないが、麻雀における赤やドラの価値というのは非常に高い。 代表的な2ハン役である、三色や一通が9枚固定で必要なのに対し、 赤やドラはそのたった1枚が1ハンであり、 ドラド..
今回は基本に戻ってこのテーマ。 基本に戻りすぎ!という突っ込みは置いといて… チードラ 受けを広くする構えとして、上記のような完全イーシャンテン形があるが、 ポンチー自在で、テ..
今回は、点棒の沈んだ状態で迎えた南場の親番における手牌の捌きだ。 具体的な点棒状況にもよるが、 ダンラスで迎えた場合の親番はとにかく牌効率を優先し、 先制リーチを打つことのみを考える。 ..
将棋が強くなる 激指定跡道場 急戦居飛車に対する 三間飛車 将棋ウォーズだと、 よく急戦でごり押ししてくる人が多いですからねー  受け方を知らないと、 勝てないのよ。
前回はペンチャンターツ落としの基本として、外側から切る例を紹介した。 それでは、ペンチャンターツを内側から切るケースにはどういう場合があるのだろうか? 内側から切るとは、 →の順に落とす..
今回はペンチャンターツ落としについて。 外側から払うというのは、とあったら、 →の順に切るということである。 ペンチャンターツは好形変化まで二手かかるため、最も利用価値の低いターツで..
今回は基本戦術として、中盤以降のトイツ落としについて書いていきたい。 HAZさんのブログによると、 麻雀において、7巡目に誰か1人がテンパイしている確率は約50%というデータが出ている。 ..
以前の日記で、「赤5最終手出しは14・69超危険」というのを紹介した。 今回は、赤じゃない5切りリーチについてだ。 この場合、赤5最終手出しに比べて14・69の危険度はかなり低くなる。 ..
今年私は得意戦法を捨てました。もともと好きな戦法はありましたが、 それをやらないという意味ではありません。得意戦法という考え方を やめるという意味です。 ある先生から「将棋はジャンケンみたい..
将棋の定跡を知るために本を一冊買いました。 これまで定跡の学習には真面目に取り組んでいませんでした。 その理由は、定跡が20~30手の型にはまった駒のやりとりで、 その学習自体も歴史の年号を..
前のページ    1  2  3  4    次のページ