クリア
小川 洋子」 の検索結果 11 記事
主人公の叔母である老婦人は未亡人となった。 動物の剥製が大好きだった夫に先立たれた彼女、実は ロシア最後の皇帝ニコライ2世の四女、 アナスタシア.....? 自分をアナスタシア..
いつも小説を読んでいましたが、今回は珍しいエッセイ集。 エッセイ集も独特の文体で言葉を紡いでいます。 興味のない野球のエッセイは読んでいませんが、著者の生活臭溢れる話はとても興味深く読みました..
完璧な病室 短篇集。 病気の弟の死に触れて、初めて弟をあいしていると気づく。 無駄なものがひとつもない真っ白な病室で、弟は透明になっていく…。食べることを拒むようになった身体を、清らかに..
ミーナの行進 「博士の愛した数式」があまりに素晴らしかったものだから、小川洋子の新刊を手に取ると、期待よりも不安が先によぎってしまう。いくら才能ある作家だって、あんな傑作を立て続けに書けるものではな..
小説は2つのタイプがある。 一つは冒頭で結末がわかっておりその結末までを最初から追っていくパターン。 もう一つは最後の最後まで結末がわからないパターン。 この「ブラフマンの埋葬..
海 小川 洋子  『ブラフマンの埋葬』『博士の愛した数式』『ミーナの行進』と、名作と呼んでいい作品群を立て続けに発表してきた作者の、昨年刊行された短編集。淡く端麗な持ち味はここでも不変だが、向き不向..
サイダーの製造工場で働いていた「わたし」は ある日ベルトコンベヤーに挟まれて薬指を失う。 サイダーのタンクに落ちた 薬指の先端から吹き出した血が 甘い香りに包まれたタンクの中のサイ..
■あらすじ■ [ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた────記憶力を失った博士にとって、私は常に゛新しい”家政婦。博士は゛初対面”の私に、靴の..
小川氏の小説では身体の一部がなくなったり欠けたりすることがしばしば描かれるのであるが、この作品においての身体は逆に膨張し拡張していくものとして描かれる。 そこにこの作品のメタフォリカルな意味が隠さ..
80分しかもたない記憶。その家に家政婦として毎日通うことを通じて博士と息子と主人公の心の通い合う様がいい感じです。 変人と思われていた博士との家族愛とも呼べる関係を作る様子と、こよなく数学を愛するこ..
ミーナの行進小川 洋子 寺田 順三 中央公論新社 2006-04-22売り上げランキング : 25369Amazonで詳しく見る by G-Tools amazon: ミーナの行進 楽天:ミ..
前のページ    1    次のページ