クリア
弁護士法」 の検索結果 7 記事
 今回余命記事は、 「懲戒請求考…」 の 四季の移ろい様投稿が掲載されています。 ≪兄弟ブログの紹介≫ ★余命解釈と繋がる「つぶやき」のまとめコーナー ..
 今回余命記事は、 「1890年から1947年までは、裁判所構成法・旧弁護士法に 基づき、控訴院が弁護士の懲戒を行っていた。 現在の制度は、1949年の弁護士法全部改正によって ..
最近弁護士の「犯罪」が目立ってきています。弁護士の職業であるものが、窃盗をしたとか、傷害事件を起こしてつかまった。殺人事件を起こしたというのも許されないことですが、その職業を利用して「依頼人を欺いた」..
近頃は、検察官の犯罪の公訴の維持は、検察官が行っている事件もあれば、強制起訴になった事件においては、検察官役の指定弁護士と弁護人の弁護士が戦うというシーンが見られます。そして、同じ種類の問題はやはり同..
当ブログでは企業の倒産(特に不動産業を端に発した)について、深く追っていますが、最近は不動産業だけでなく、様々な企業の経営破綻をも探らせていただいています。  さて、は、弁護士(法律事務所)の破産と..
本題に入る前に、昨日は台風6号の影響で広島-阪神戦の中止が早々と決定。 これで、今日の広島戦に勝てば、ちょうど勝率5割で前半戦終了。今のところ天気予報でも試合はできそう。 その中止となった..
05:25 07/20 ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 by スーパーサウスポーあさちゃん。 http://ssasachan2.seesaa.net/
「特定社会保険労務士」というのは、紛争解決手続代理業務に係る研修を受けて試験にパスした社会保険労務士です。つまり、紛争解決手続代理業務は、一般の社会保険労務士にはできず、特定社会保険労務士のみが行うこ..
前のページ    1    次のページ