クリア
牧野修」 の検索結果 23 記事
貞子 (角川ホラー文庫) [ 牧野 修 ]楽天で購入 日本で一二を争う最新治療が望める総合医療センターに、秋川茉優(あきかわまゆ)が臨床心理士として来たのは半年前のこ..
樺山三英著「庭、庭師、徒弟」 どうも作品に馴染めず、完読できませんでした   北野勇作著「とんがりとその周辺」 北野氏も本作で三度目の登場 でも、今作は社員ものではなく、ロードム..
遂に完結!!! あいかわらず、女性同士の壮絶な異能力バトルが繰り広げられる そのかわり、男性(ゾンビ)は存在感が物凄い薄い ただ、なぜ女性は「医療虫」の暴走でこのような様々な異能力が発現..
角川ホラー文庫書き下ろし作品です 怪奇現象は基本起こらず、サイコスリラー的な内容だった そういった作品のジャンル的な要素よりも、登場人物達が関わっている貧困やいじめの問題の方に目がいってしまっ..
牧野氏なのに、時代小説で青春小説だった 猟奇的な連続殺人事件といった牧野氏らしい要素があり、 それが各章を貫くメインのストーリーとなっている しかし、大正時代の美術専門学校に通う4..
死んだ女は歩かない つまり、死んだ男は歩く 「医療虫」の暴走により 感染者は男性なら死後ゾンビ化 女性なら特殊能力を獲得する シリーズ第2弾!!! もはや、ゾン..
ホラー小説において「顔」は 結構メジャーな題材なような気がします 私が最近読んだ作品としては 綾辻行人著「顔」・京極夏彦著「冬」等がある この2作品は幻想的な作品だった ..
【送料無料】破滅の箱価格:945円(税込、送料別)【送料無料】再生の箱価格:1,008円(税込、送料別) 牧野修 講談社ノベルス ISBN:9784061825437 97840618254..
牧野修氏と田中啓文氏の合作による音を題材にした伝奇小説 音楽療法の一環として発足したバンドの幻のレコード とある神社に伝わる秘儀の和歌 それらのおおもとになる郭公の盤 等、前半のア..
死んだ女は歩かない つまり、死んだ男は歩く 遺伝子デザインを行った原虫「医療虫」 「医療虫」は多くの病気を治療できる画期的な発明だった しかし、「医療虫」の暴走により感染者..
独自の造語を用いた異世界を創造することも多い牧野氏 今作は、そういった手法やオカルトを封印し、警察小説に徹している(?) トクソウ事件ファイル完結編 「割れ窓」理論を奇妙な方向..
とりあえず、読んだ作品の感想を・・・ 「真朱の街」上田早夕里著 サイバネティクス・再生医療技術が発達した近未来社会 人体改造により異形化しつつある人類 生物として異形化しつつある人類の前に..
前のページ    1  2    次のページ