クリア
自己複製子」 の検索結果 9 記事
ドーキンス博士にお送りしたメールは、だいたい以下のような内容です。 > Dear Prof. Richard Dawkins, > > I have read your..
> DNAが複製される機構は多くのタンパク質や酵素が関与する複雑な機構であり、 > 実際DNAを複製しているのはこれらDNA以外の分子です。 > ここには、DNAと多くの酵素と..
「利己的な遺伝子」の http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037/ p.30には、DNAの出現について、 「最初の自己複製子はDNAに類縁の近い分子であっ..
> したがって、タンパク質と結びついた自己複製子は、自己を複製しないわけですから、数の上で、自己複製に専念した自己複製子に劣り、 > 自然淘汰説に従えば、淘汰されてしまうと考えられます。..
「利己的な遺伝子」では、 自己複製子の進化のあとに、 タンパク質の製造という段階が出てくるのですが、 ここには非常に大きなギャップといいますか、 矛盾があると、私は思います。 なぜな..
[8月22日]の続き ここでまず、 「そしてその資源をめぐって、自己複製子のいろいろな変種ないし系統が、競争をくりひろげたことであろう。」 「自己複製子の変種間には生存競争があった。」 と..
「利己的な遺伝子」の http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037/ p.26からp.28にかけては、 自己複製子間の競争と生存機械の出現について書かれています。 ..
ご意見を受けまして、自己複製子について もう少し論点をはっきりさせて書いてみたいと思います。 「利己的な遺伝子」の http://www.amazon.co.jp/dp/4314010037..
> しかし、そのような擬人的な表現を差し引きながら読んでみると、 > 論理的な飛躍が何箇所かで見受けられるようにも思います。 といいますか、相対的授受相関対応関係が暗黙の了解になっ..
前のページ    1    次のページ