クリア
醸造所訪問」 の検索結果 51 記事
前回は2018年ヴィンテージのことについてのドイツで感じたことを書きました。その流れでもう少しヴィンテージのことについて書いていきます。この記事の題名はざっくりとしていますが、記事を読んでいただけると..
今の時期(4、5月)には昨年収穫したぶどうから造られた白ワインのリリースが多くなります。グーツヴァイン(ハウスワイン)のタイプやステンレスタンクで大量生産しているところは1月くらいから販売しているワイ..
無事にドイツから戻ってきました。今回も充実した内容となりました。自分が楽しいというだけで終わらせるのではなく、皆様に感じたことやドイツワイン事情を伝えていくことが自分の役目だと考えていますので、このブ..
前回に引き続き、新入荷のラインヘッセンのグッツラーの醸造所を訪れたことを書きます。 前回は畑をまわった時のことと畑の話を書いていきました。醸造所での試飲の話の前に、醸造所を離れた後に寄った畑のことか..
新入荷となるラインヘッセンのグッツラーGutzlerの醸造所を訪れた時のことを書きます。訪れたのは2018年の5月で、1年近く前のことになってしまうのですが、ワインが日本に届いて販売するタイミングのほ..
「ヴァインベルクについての疑問、質問について答えます」という題名で今まで8回に分けて書いてきました。どうやって輸入するワインの醸造所を選び、現地では何をして、どういう基準でワインを選んでいるのか、とい..
前回はビオや自然派ワインについてのヴァインベルクとしての考え方について書いていきましたが、今回は醸造方法について書いていきます。ヴァインベルクとしては、こうあるべきということは考えていなくて、こういう..
前回の続きです。スペースや金銭的な事情により、どれも素晴らしいワインの中から一回のひとつの醸造所からの輸入は3アイテムから6アイテムにしぼらなくてはいけないのですが、それらをどういった基準で選んでいる..
どうやってワインを選んでいるのか?の続きです。ヴァインベルクではそれほど多くは一度に輸入することができないので、選ぶワインは絞らなければいけません。ひとつのワインに対してもそれなりに量がないと販売する..
2回に分けて、醸造所をどうやって選んでいるのか、醸造所で何をしているのか、ということを書いていきましたが、今回は、その醸造所の中で輸入するワインをどうやって選んでいるのか、ということを書いていきます。..
バーデンのフランケンシュタインのFreiherr von und zu Franckensteinのワインが入荷し販売を開始していますので、5月にこの醸造所を訪れた時のことを書きます。 この醸造所を..
前回の続きです。気になる醸造所で取引したいと思う醸造所が決まったら、ドイツに訪れる時期が見えてきたらその醸造所にメールで連絡をします。日本にあなたのところのワインを輸入したいので、一度訪れて話をしたい..
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ