クリア
難民申請却下事例」 の検索結果 12 記事
今年の2月に当ブログで、「英国での難民申請が通らなくて大陸に渡った19歳イラン人男性」についての「オンライン署名」(というかサポート声明かな?)を日本語化した。 http://nofrills.se..
40歳女性の件の展開を見せられた直後では手放しで喜ぶことはできないが、一応、朗報。19歳イラン人男性の難民申請について、英内務大臣が「再考する」と述べました。日本時間14日午前2時過ぎのニュース。 ..
イラン人のケースでのニュースが出ている時期に紛らわしいかもしれないが、「イラン」ではなく「イラク」のほうでも英国での難民認定をめぐる動きが報じられた。ガーディアンのスクープ。(ガーディアンはイラン人に..
【注意】この件では何かする前に必ず、tag: 「難民申請却下事例」にて、最新の記事をご確認ください。3月15日朝の時点での最新記事は下記。 http://nofrills.seesaa.net/ar..
昨年9月に想定されていた範囲で最悪の事態といってよいだろう。昨年8月末にイランへの強制送還をからくも逃れたイラン人女性が、法廷で敗れた。(一方で警官からお前の家に火をつけると脅されたモルドバ人同性愛者..
当方の過去記事をご参照くださった「FemTumYum」さんの22日エントリ「その発言がどのような行為となって誰を脅かすのか:イラン人青年強制送還をめぐって」、およびそのエントリで取り上げられている「に..
* a CC image by a flickr user "uva98" 上の画像は、flickrに投稿された、先月末からの弾圧@ビルマに抗議するイメージを、ユーザーネームuva98さん(..
23日のオブザーヴァーの記事から。 英国での「移民」をめぐる「歪曲された現実」についての熱い記事だ。 What about a welcome amid the warnings, chi..
コメントでだけ書いてエントリ立ててなかったのだが、Pegah Emambakhsh(ペガー・エマンバクシュ)さんは、28日のBA6633便(テヘラン行き)には乗せられなかった。つまり28日の送還はなか..
1つ前のエントリの続き。なお、彼女、Pegah Emambakhsh(ペガー・エマンバクシュ)さんが乗せられることになっているBA6633便は、8月28日21時35分発。日本時間は英国時間+8(夏時間..
1つ前のエントリに書いたPegah Emambakhsh(ペガー・エマンバクシュ)さんの件、「ペガーさん強制送還反対」のブログやmixiのコミュなどで、ネット上の日本語圏で広く伝わっているが、コンテク..
8月29日追記: 下記の記事はもう古いです。わずか数日で事態が大きく進展しました。詳細はエントリ末尾にある「タグ」で「難民申請却下事例」をクリックして28日から30日の記事をご覧ください。※以下、取..
前のページ    1    次のページ