クリア
51%理論」 の検索結果 7 記事
 と思って書いていたのですが、夕食後マラソンを見ていたらいつの間にか夢心地になり、目覚めたのが2時。2時間ほどでまとめ、また休むことにします。   それから、ブログのアクセス解析をチェック。..
 昨日22時頃、友人の電話で目を覚ます。原稿の出稿を待っていたのでちょうどよかった。早速メールチェックしたが未着。それから、ブログを書こうとしたがエネルギー不足で書けない。こんな時はいつものように..
 たまに、『51%理論』にアクセスがある。興味ある人がいるのですね。不思議な感じもしますが。  『51%理論』は荻村伊智朗さんが1950年代に考案し実行した卓球理論です。一言でいうと戦略は「..
『51%理論』は、7~8年前に飲んでいる席でちょっと話題にでた。詳しそうな人に尋ねてみたが、僕は理解できなかった。そんなきっかけで、随分のんびりしているのですが2年前の正月に卓球本5冊購入。再読した。..
◎『51%理論』は、当時のルール抜きには考えられない 1937年の世界選手権、女子シングルの決勝で、攻守兼備の選手と徹底した守備型選手が対戦した。第3ゲームに入ったところで、1時間45分に達した..
◎笑いを忘れた理由 荻村伊智朗さんは、1952年6月の末に全日本軟式選手権大会に出場し、カットマンを下し初優勝した。その頃の戦術は、カットマンに対してカットで粘り、よく切れた下回転を何本か続ける..
『51%理論』は、1950年代に荻村伊智朗さんが考案した速攻戦術理論で、特にカットマンに対しては、めざましい効果を発揮した。 1954年、第二十一回世界卓球選手権ロンドン大会において、持論である『5..
前のページ    1    次のページ