クリア
日経新聞」 の検索結果 1992 記事
 丁稚は信治郎に深々と頭を下げて店を出て行った。  自転車を届けた丁稚。この少年がのちに“経営の神様”と呼ばれる松下幸之助になることは、当人の少年も、信治郎も知るよしはなかった。  大将、大将..
「これ以上はもうできしまへんで……。大将、このくらいでかんにんしたってもらえまへんか」 「何を言うとんのや。ここで投げ出してしもうたら博労町の職人の名前が泣いてまうで……。ほれもういっぺん、膠と..
 中を覗くと、宮司が、秋の例祭に境内に貼り出す子供らの習字だすわ、と説明した。 ――ほう習字かいな…。  菅原道真は学問の神であり、書もよくする人であった。  宮司が子供たちに挨拶するように..
 日本中が戦勝に浮かれていたが、信治郎はしのの死をきっかけとして商いに専心したおかげで、日露戦争の最中も鳥井商店の売上げは順調に伸び、西川から借り入れた金もすでに返済し、奉公人の数も増えていた。 ..
「大、大将、戦争がはじまりましたで……」  丁稚の一人がせわしない草履の音を立てて店に戻って来た。  明治三十七年(一九〇四年)二月中旬の夕刻だった。  日清戦争以降、日本とロシアの間で、清..
 翌夜も信治郎は西城と宴をともにした。  西城が案内したいという川口の旧外国人居留地にある西洋料理の店と言うので信治郎はひさしぶりに洋服を着た。  店に入ると、西城はまだ来ていなかった。洗面所..
 信治郎は男を“芳や”の二階に案内した。  男が、これから話すことは人に聞かれてはまずいと言うから、ここに案内した。 「鳥井さんはいつもここが贔屓かの?」 「へぇ~い、むさ苦しいとこでかんに..
『VISAブランドのプリペイドカードに、ビットコインでチャージが出来るサービスを暗号通貨大手取引所「コインチェック」が始めます。』というニュースがありました。 ビットコインが通貨として標準化され..
 翌年の春、もう一人奉公人を入れた。その年の夏にかけて、鳥井商店は外国人居留地だった川口だけでなく、居留地以外の中国人貿易商との商いが予想外に伸びて、開業以来の利益を出した。順調な商いに釣鐘町の、..
「二人雇うわけにはいきまへんか?」 「そ、そら無理だすわ。今も、わて一人でカツカツの商いだすよって。とてもいっぺんに二人は……」 「これはわての考え違う。旦那さんの考えやで」 「えっ、旦那さ..
10月に掲載されるつもりで、動いていましたが、掲載紙面で何等かの特集に絡める方が・・・との事でした。昨年末にプロモーション会社の社長が売り込んで下さって、それがようやく取材まで来た感じです。 全..
 かつて江戸の八百八町に対して、浪花は八百八橋と呼ばれた。橋から橋を渡って商いの品物が南北の筋と東西の通りを縦横無尽に往来する姿は、まさに“商いの都”であった。  それを支えたのは商人の工夫だっ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ