クリア
日経新聞」 の検索結果 1928 記事
「琥珀の夢」とは!? 日経新聞で連載されている 伊集院静の小説です 主人公は「サントリー」の創業者の鳥井信治郎です NHK朝ドラ「マッサン」でもなじみがありますね 堤真一さんが演じた..
最近は通勤電車にのって器用に新聞をたたんで読んでいる人は殆どいなくて、みんなスマホやタブレットを熱心に見ていますね。 私は、日経新聞をとっているのですが、やっぱり、新聞を読むのは時間がゆっくり進むよ..
 享保年問にはすでに商業の中心は将軍のお膝元の江戸と大坂がその勢力を二分していたのに、なぜ道修町に薬の商いの大半が集まったかと言うと、享保七年、将軍吉宗が生まれ育った和歌山、紀州藩に帰藩の途中、大..
「なんやおまえ旦那さんの夜鍋を手伝うたそうやな」  数日後の朝食の後、弥七が近づいて来ていまいましそうに言った。 「へぇ、今夜もまた呼ばれてます」 「調子に乗っとると、そのうち足すくわれるで..
信治郎が主人の夜なべ仕事を手伝ったのを知った弥七が、信治郎にいまいましそうに声をかけるのを見ていた常吉が、「信どんは強いんやな」とこぼした。 「神さんの力で助けてもらうんですわ」信治郎は答えた。..
 儀助への挨拶が終わると、伊助と信治郎は奥の棟の前に行き、伊助が中にむかって声をかけた。 「ごめんやして、ごめんやして」  障子戸が開き、下女のトメがあらわれた。  すぐに御寮さんとお嬢さん..
 昨日までと店の中の空気がまるで違っていた。  順調な商いもそうだが、小西儀助は三十六歳にしてすでに貫禄が備わっていた。  倒産寸前まで追い込まれていた初代儀助の小西屋を、奉公人の彼が救っ..
 物音で目が覚めた。  暗い中を隣で常吉が起き出していた。  信治郎も布団をはねて起き上がった。  布団を上げ、二人して部屋を出ると、もう一人、丁稚が続いた。  三人は裏戸を静かに開け、庭..
信治郎は常吉から主人の小西儀助が使う特注のランプの掃除を教えてもらった。主人は夜の仕事のためにこのランプを大事にしているのだった。 ランプの掃除を終えて弥七に報告に行くと、皆も片付けが終わったと..
 信治郎は竈のまわりを拭いている下女のマキに訊いた。 「他の丁稚さんはどこだすか」 「裏の洋酒のとこでっしゃろう。その前に、その木桶洗うて雑巾もよう絞らなあきまへん」 「へぇ~い」  遅う..
 たちまち陽が暮れて、夜になった。  朝、釣鐘町の家で食べてから、何も食べていなかった。  常吉は番頭さんが呼んだはるで、と言い、その目を庭先にむけた。 「あれで掃除したはんかいな。ほれ、お..
 その唐薬問屋を中心に小売薬商がぽつぽつ集まり、そこに国産の和薬を扱う店も加わってきた。薬種商いの集住する町になるのを決定づけたのは、享保七年(一七二二年)に八代将軍徳川吉宗が、薬種中買仲間株..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ