クリア
日経新聞」 の検索結果 1918 記事
 信治郎は近所の子供と遊ぶこともあったが、たいがいは一人で過ごした。歩くことが好きだった。歩くことで自分の知らない、新しいものや、まぶしいものに出逢い、それを見ることが好きだった。  母、こまは..
読者に「頭おかしい」 日経新聞に賠償命令 東京地裁「侮辱的な発言は許されない」  日本経済新聞社の読者センターに電話した東京都内の男性が、担当者から「頭おかしい」と言われたとして50万円の慰謝料..
 晩年になって、信治郎は自らが著した半生の記(“道しるべ”)の中で、母、こまの思い出を語り、幼少時代の母に手を引かれてお参りした天神さんの橋の上のくだりを鮮明に記憶して著している。  普段やさし..
 その神さんを探しているわけではないが、信治郎はいろんなものを見るのが好きだった。  店構えも、看板も地蔵さんの前垂れも見つけるのは好きだったが、信治郎は何より新しいものを見ることが好きだった。..
 信治郎が誕生した明治十二年という年は、明治の新政府となってまだ十年と少しを経過しただけで、国家の形勢としては不安定な時期であった。  特にそれまで武家社会の中にいて、代々家禄を与えられて生きて..
 二人の出逢いから七十四年後のことだ。  昭和五十六年(一九八一)年二月一日、大阪、築港のサントリーのプラント工場の中に、鳥井信治郎の銅像が完成し、その除幕式がとりおこなわれることになった。信治..
 すぐに奥からイガグリ頭の店員があらわれた。 「おいでやす」 「五代自転車店だす」  少年が納品書を出すと、店員は、ここでよろしいか、と懐から判子を出して捺した。  少年は自転車を店の中に..
 明治四十年春、花匂う風の流れる船場を堺筋淡路町から西長堀北通りに向かって一人の少年が大事そうに自転車を引きながら歩いていた。頭に被ったカーキ色の帽子と紺色木綿の前垂れで少年がどこかの商店の丁稚だ..
「その時には、臆せず躊躇わず、この黒白の間から踏み出してください。それだけをお願いしようと思って伺いました」 「はい」 「金太も捨松も、貴女を好いています。貴女がどこへ行かれようと、うるさいほ..
 青野利一郎は、もう、おちかが知っている「若先生」ではなかった。  月代をそり上げ髷を整え、真新しい紋付袴に身を包んだ凛々しい武士がそこにいた。 「本日のあっしは青野様の中間でございます」 ..
「さあ……もういいわ」  満足そうに微笑んで、お梅は瞼を閉じた。 「亡くなりました」  おちかは静かにそう告げた。 「結局のところ、お梅さんは何者だったんでございましょう」 「何者と..
 本日の日経新聞に、新しい連載小説の告知が載りました。 琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔  伊集院 静  福山 小夜 画  本紙朝刊連載小説、宮部みゆき氏の「迷いの旅籠」は6月30日..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ