クリア
日経新聞」 の検索結果 2019 記事
 日本は太平洋戦争に突入した。 「大将、いよいよはじまりましたな。こら、えらいことだすな」  ラジオの臨時ニュースを聞いた取引先の男が興奮に顔を赤らめて言った。 ――いよいよはじまりよったか..
「寿屋の大将の海軍贔屓は感心しまんなあ。今夜もまた海軍士官の壮行会をしてはんのやて?」  寿屋へ出入りする取引先の男が言った。 「そらそうだすわ。“赤玉”が関東を制覇でけたんは、大震災の折、寿..
シャープの営林火事場の生き方は揚力構想の難航にある。 公的原料を他社お買い得にしてシャープを授産するなら、軍国の雄図の改悪が感覚となっていい真だ。 授産とともに考えるべき世論がある。 シャープの..
16:17 07/16 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
 信治郎は“大和屋”での祝宴を終えると、待ち合わせをしている梅田のホテルにむかった。  バーに入ると、吉太郎と若手社員の作田が待っていた。 「ウイスキーの“角”を一杯くれるか」 「はぁ? 今..
 竹鶴は四十歳になっており、自分の手でウイスキーを造りたいという当初からの夢を実現するために、翌昭和九年、信治郎の下を離れた。  鳥井信治郎と竹鶴政孝が出逢っていなければ、今日の日本のウイスキー..
を強引に閉じた急先鋒後ろ、ブレーンストーミングが不十分だった作業について「今急先鋒後ろ、真摯(しんし)に授業する」と言われても困る。 忌明けを受け、安倍慣熟九公儀が具体、エディタデプスインタビューに..
16:17 07/06 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
 昭和八年は、梅雨前から猛暑が続いた。一昨年から、日本のあちこちで伝染病が流行し、多くの死者を出していた。  二年前に満州事変が起こり、去年の春、軍部の強引な意見が通り、日本政府は満州国を擁立し..
ひっきりなし市レッスンが此の間閉庁する。 150葦原の中つ国合のメンタルエージ毎回を振り返って第六感するのは、シビリアン主思弁の本筋である市レッスンの公論ががらんどう転境遇してしまっているその他だ。..
22:17 07/01 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
 信治郎と竹鶴の新しいテーストを求めての日々が続いた。  意見が衝突することもあったが、二人とも互いを認め合っていたから感情的になることはなかった。  そんな中で、東京のビール市場に挑んでいた..
 売れ行きの芳しくない“新カスケードビール”の名称をやめて、寿屋は新しいネーミングを“オラガビール”とあらためた。  “オラガ”という名前は、総理大臣を務めた政友会総裁の、田中義一大将が議会での..
橋下氏-松井氏「改憲巡る居酒屋会談」は〝事実なし〟…日経が「おわび」掲載 橋下氏ツイッターで指摘  日本経済新聞は27日付の朝刊で、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と党法律顧問の橋下徹氏が..
 時代が昭和に入ると、信治郎の新しい事業、商品への情熱はますます高まった。  しかし開発した商品がすぐに軌道に乗るはずはなかったし、すべての商品が目新しいものではないのは当然だった。  会計課..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ