クリア
日経新聞」 の検索結果 1910 記事
「その時には、臆せず躊躇わず、この黒白の間から踏み出してください。それだけをお願いしようと思って伺いました」 「はい」 「金太も捨松も、貴女を好いています。貴女がどこへ行かれようと、うるさいほ..
 青野利一郎は、もう、おちかが知っている「若先生」ではなかった。  月代をそり上げ髷を整え、真新しい紋付袴に身を包んだ凛々しい武士がそこにいた。 「本日のあっしは青野様の中間でございます」 ..
「さあ……もういいわ」  満足そうに微笑んで、お梅は瞼を閉じた。 「亡くなりました」  おちかは静かにそう告げた。 「結局のところ、お梅さんは何者だったんでございましょう」 「何者と..
 本日の日経新聞に、新しい連載小説の告知が載りました。 琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔  伊集院 静  福山 小夜 画  本紙朝刊連載小説、宮部みゆき氏の「迷いの旅籠」は6月30日..
「わたしは神田の三島屋から参りました。いつぞやお目にかかった、ちかでございます」  その節はありがとうございました――  あの日、黒白の間には紅葉と萩を活け、風変りな秋刀魚の墨絵の軸を掛けてい..
「これも、母からの伝聞でございます。その母も、自分の耳で聞いたわけじゃございません。美仙屋さんの火事の後、町の噂で聞きかじりましてね。  ――燃えている最中に、女の笑い声がしたというんです。ざま..
「美仙屋さんが焼ける、三月ばかり前でしたろうか。わたくしの実家で料理人が怪我をしたり、祖母が風邪をこじらせて長いこと寝込んだり、弟の目に繰り返しものもらいができたりして」  気にした父親が、きち..
 どこから申し上げればいいか――と呟く。 「では、こちらから少しお尋ねしましょう。美仙屋さんは確かに香具屋なのですね。お店はどこにあったのでしょうか」 「芝の神明町でございますよ」  勘一が..
※日本経済新聞 電子版:2016/6/6 1:30 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03252410W6A600C1MM8000/ ↓以下、前段部分..
 さて、お使い新太を走らせて、何度か松田屋とやりとりをし、首尾よく席をとることができた。葉月(八月)十三日の夕。 「恵比寿屋さんの切符だから、特に席を空けてくれたんでしょうか」 「そんなんじゃ..
バイク座席下に入れ死亡、両親を逮捕 能勢・男児遺体 2007年05月17日  大阪府能勢町で4月下旬、男児の遺体が見つかった事件で、大阪府警は17日、男児を峯松優(みねまつ・ゆう)ちゃん(..
 それはどうだろう。おちかは首をひねった。 「駄目でもともとでございます。手前の心当たりの菓子屋を回って、月に一度、朔日にだけ買いに来るお客様の覚えがないか尋ねてみましょう」  甘い物好きの「..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ