クリア
日経新聞」 の検索結果 1899 記事
「よし、そうこなくっちゃ」  富次郎は手を打って喜び、おこしをつまんで口の中に放り込んだ。「さあ、語った語った!」 「――そうして、目が覚めてみたらわたしはここに一人いて、次の間では従兄さんと..
「お二人、気が合いますわね。ちょうどおやつ時です。何かお持ちしますから、どうぞお続けくださいな」  台所では、おしまがおやつの支度をしていた。  番茶を淹れて黒白の間に戻ると、勘一は縁先から座..
 いろいろと想い乱れるおちかの内心を察していないはずはなかろうが、叔母のお民は、三島屋のおかみとして青野利一郎の仕官を喜び、張り切って祝いの品の調達に取りかかった。 「加登様の奥様が、羽織と紋付..
「その後には生田様が入ったので、今では生田請林藩に変わっておりますが、若先生のお故郷であることに変わりはありませんや」 「まあ……それはおめでたい……ことでございますわねえ」  おちかはまだぽ..
「ちっと休んで、それこそ秋刀魚でも食って寿命を延ばしてから行こうよ」 「そうですね。瓢箪古堂さんが何かつかんできてくれるかもしれないし、しばらくはお休みしましょう」  その日の夕餉の膳は、脂の..
 奉公人の十郎の冷やかされても、勘一若旦那は照れもしないし笑いもしない。  ――昼行燈。  という言葉が浮かんでくる。 「ところで、ご挨拶が後先になりました。富次郎小旦那様、すっかりお元気に..
さてさて、昨日日銀の追加緩和見送りなどから、ぐっと相場が下がって4月が終わってしまいましたね〜。 今年は飛び石なGWということで、みんな近場で過ごすとかって話が飛び交っています。..
 魂が抜けてゆくかのように、気が遠くなる。  かすかに白梅の香りがする。  暗い。寒い。  板塀の向こうを、焼き栗売りが通ってゆく。  出し抜けに、身体に重みが戻ってきた。  はっと正気..
 ――今日からは、これがおくらさまのために焚くお香だよ。  菊の花の香りの錦糸蝶。お菊が蔵座敷に入ると感じていた匂いだ。  ――お藤とお梅も、お香と匂い袋を錦糸蝶に替えなさい。美仙屋の娘は、お..
「私の代でおくらさまがお替わりになるなんて。おまえたちを差し出さねばならなくなるなんて」  血を吐くように嘆きを吐いて、身を翻すと、足音もなく廊下を去ってゆく。 「おとっつぁんの手のなかには、..
「さっきのあなたはご明察でね。おくらさまは、女の神様なんです。  といっても、あたしたち誰も、お顔は見ておりません。  白足袋をはいた爪先が見えたり、指先と着物の袖口が見えたりね」  まるで..
今日の新聞で紹介されていました、東京タラレバ娘が大人気だそうですね! なんだか身につまされる女性が多いそうです。 男もおんなじだろうな... 【在庫あり/即出荷可】【漫画】東京タラレ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ