クリア
日経新聞」 の検索結果 1978 記事
「あれ、まあ、どこのどなたはんかと思いましたわ。よう無事にお帰りやして……。けど信治郎はん、その洋服よう似合うてまっせ」   洋服姿で“芳や”の裏木戸から入って来た信治郎を見て、しのが嬉しそうな..
 小樽にむかって航行する船の中のディナーで、船長が挨拶にあらわれた。 「神戸からの船長が体調を崩しまして、あらたに引き継いだ人です」  正吉の説明を受け、信治郎は赤色に近い頭髪の外国人船長と握..
 信治郎を見て、立派な髭を生やし青い目をした長身の主人が笑って迎えた。  信治郎はポケットから小紙を出し、そこに記した正吉に教わった文字を読んだ。 「ワ、ワイ、ワインを見せてくれまっか?」 ..
★日経新聞について日本経済新聞。ビジネスマン必読の新聞だ。現在二通りの媒体があり、それぞれの月額は以下の通りになる。 紙媒体月額4,509円電子版月額4,200円どちらも年間で考えたら50,00..
 公使が話した“三方良し”は近江商人の思想、行動哲学の基本にあるものだった。“売り手よし、買い手よし、世間よし”は一七五四年、中村治兵衛が残した家訓が源流とされる。  後日、正吉から公使が明治維..
★日経新聞について日本経済新聞。ビジネスマン必読の新聞だ。現在二通りの媒体があり、それぞれの月額は以下の通りになる。紙媒体月額4,509円電子版月額4,200円どちらも年間で考えたら50,000円以上..
 その日の昼前、信治郎は二等、三等客室に降りてみた。  三等客室は客であふれていた。畳敷きではあったが、客間の区分けはされておらず、それぞれが与えられた毛布を敷き、自分たちの荷物とともに寝起きを..
「旦那さんが一等に乗って旅をしてはるんやったら、いろいろ勉強させてもらいます。旦那さんの、その酔狂に感心しましたわ」  船に乗る客の世話をしているという男は急に信治郎のことを、旦那さんと呼びはじ..
 食事が終ると、信治郎はサロンに行った。  サロンでは食事を終えた一等の客たちが談笑していた。  サロンの奥には、小さなバーカウンターがあり、将校たちが談笑しながら酒を飲んでいた。  この船..
「ええ気分やな。こうして見ると、大和の国はほんまに綺麗な国や……」  一等デッキのソファに座り、信治郎は美しい海岸風景を眺めていた。  信治郎が乗船した“三池丸”は、当時の国内客船の中で最大の..
「旦那さん、この店です。この店なら、さっきの店の十分の一の値段で同じもんをこしらえますわ。しかもたったの三日でですわ」  信治郎は店の上方にある看板を見た。“福建テーラー」と金文字で屋号があった..
「頭おかしい」読者を侮辱、日経新聞社に2審も賠償  日本経済新聞社の読者センターに記事内容を問い合わせた東京都の男性が、担当者から「頭おかしい」と言われたとして慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で、..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ