クリア
日経新聞」 の検索結果 2060 記事
「章ちゃんの相手っていうのは、ちょっと聞いたことがない田舎の女子大なんですって。偏差値を調べたら、BFっていうからびっくりしたわね」 「その、BFっていうのは何なの」 「ボーダーフリー。つまり..
「もっと会いとおす。会えないと淋しゅうて淋しゅうてかないまへんぇ……」  左手を田口の股間に伸ばしていく。 「こっちの方のお顔も、久しぶりに見せていただいてよろしおすか」  豆孝の顔が少しず..
 ややためらったものの、豆孝を下鴨の家に連れてこないわけにはいかなかった。 「やっぱり下鴨のお屋敷いうのは立派どすなあ。いい材木使ってはるのが、しろうと私でもわかりますわ」 「リノベーションっ..
 茶人としても財界人としても、何かと忙しいはずの福田であったが、茶室開きには喜んできてくれることになった。  福田を正客として、あとは山崎、宇野、前田という稽古仲間となった。久坂はシンガポールか..
 二人の少女が現れた。驚いた。どう見ても十二、十三歳にしか見えない。 「うちの子どす。ほら、ご挨拶しなさい」 「おたの申します……」 「あの……」  野暮なこととはわかっているが、田口はこ..
「ほんまにきついことどしたわ。二カ月どすえ。二カ月」 「夏は母親の具合が悪くってね。暑いうちは用心のために入院させてたんだ。家の進行を見にくるのも、いつも日帰りだったんだ」  それは嘘だ。日帰..
第八章 うつろい  十月になるのを待って、田口は下鴨の家の茶室開きをすることにした。  ほとんど使われていなかった茶室にも手を入れた。畳みを変え、壁を塗り替えるぐらいで済んだ。  それよ..
今日の日経新聞の記事に 派遣時給が18ヶ月ぶりに 上昇したそうです! 関東、東海、関西では 前年比0.1%上昇 これは、 嬉しいニュ..
 六時少し前に広瀬はやってきた。  少々驚いたことに、今日の広瀬は眼鏡をかけていない。コンタクトレンズに変えたようである。 「急にお呼び立てしてすみません」 「いいえ、とんでもない。ありがと..
 やがて序の舞が始まる。  この女は老いたからということで生きたまま捨てられた。女の嘆きは、すべての女の嘆きなのだ。  だが舞を見ているうちに、久坂は不思議な気持ちにとらわれた。姥面をつけた老..
 小さな邸宅に入った。 「この家は、祖父の家によく似ています。あの家も、典型的な中国の昔の家でした。  私の父の家は、祖父の家の隣に建てられていました。もう手放してしまったけれども、とても綺麗..
 入口のところで待ち合わせをしていた。 「やあ、ファリン」  昨夜の途中から、何の許しもないのに彼女の名を呼び捨てにしていることに気づいた。しかしもはや彼女も気にしていないに違いない。  今..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ