クリア
岡田尊司」 の検索結果 12 記事
この本、すごく興味深かったです。 もっと早く出会いたかった。 内容をごく簡潔に言うと、 子ども時代にいかに母親から愛されたかで、 その後の人生がほぼ決まってしまう、というもので..
前に「母という病」を読みました。その本を買う時、著者の岡田尊司(おかだ・たかし)氏がこちらの本も書かれているのを知って、一緒に買いました。 子どもに対する親の影響は、母だけで..
野口嘉則さんのオンラインセミナーで勧められていた本(新書版)を読みました。著者は精神科医の岡田尊司(おかだ・たかし)氏です。 タイトルからは少しわかりづらいかもしれませんが、..
「ゲームなんかに熱くなってどうする」  とかいう人がいるが 「ゲームのようなのものにすら熱くなれなくてどうするんだ!」  というのも正しいような気がする。
こんばんは。    今週は、人間の心を操る技術についての本を読んでいました。    マインド・コントロールというと宗教やテロを思い起こす人が多いと思いますが、この本はそうしたトピックスとしての..
21:44 09/04 日々雑記 by 人生楽しみ http://t-rakugakiki.seesaa.net/
父という病 [ 岡田尊司 ] 有名人の父親とのエピソードを けっこういっぱい紹介してるので 読み物としておもしろく読めましたね。 映画でもよく描かれる父親と息子、 ..
08:17 07/03 カフェビショップ by ビショップ http://cbishop.seesaa.net/
『母という病』(岡田尊司) 母親との関係に苦しんでいる人が急増しています。母親との関係は、単純に母親ひとりとの関係におわりません。 その他のすべての対人関係や恋愛、子育て、うつや依存症などの精神的..
本日の1冊はこちら(^^)/ 満足度 10/10点 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』 岡田尊司著 【楽天ブックスならいつでも送料無料】愛着障害 [ 岡田尊司 ]価格:928円(税込..
 こういうものを手に取るときは、得てして自分にもその傾向があると自覚する時であり、その内容がある程度予想通りでも、決して驚くことはない。  しかし、心の問題の場合に難しいのは、全盲の視覚障害のよ..
こんな本を読んでます! おばんです! ●母という病 ●愛着障害 どちらも著・岡田尊司さん 心のことを学び始め、この本が講座の中で紹介されたので 早速取り寄せて読んでいま..
とても興味深くて一気に読んじゃいました。 内容を一言でいうと、誰の心にも二面性があって、 普段はまともで健康な人の中にも「悪」の部分、 「闇」の部分がある、ということが書かれています。 ..
アスペルガー症候群。 ご存知の方も多いと思います。 「自閉症」と似た感じの障害で、 相手の立場に立って物事を考えることが苦手だったり、 こがわりが強すぎて何をするにも要領が悪か..
前のページ    1    次のページ