クリア
川上弘美」 の検索結果 166 記事
森へ行きましょう [ 川上 弘美 ]価格:1836円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)  1966年の同じ日に生まれた、パラレルワールドに生きる留津とルツ。それぞれの人生には無数の岐..
2018年1月に読んだ本です。 昨年末、照明器具の蛍光灯を交換したので室内が明るくなって、文字が読みやすく読書が進んだ。どれもよかったけど、特によかったのは『東京プリズン』『ラブレス』『森へ行きまし..
●本の基礎データ(書名、著者名、出版社、価格、出版年月日、ISBN) 100万分の1回のねこ - ●本の所在、読書期間、本の読み方(流し、部分、通読、精読)、難易度、評価 最寄の図書館、5..
●本の基礎データ(書名、著者名、出版社、価格、出版年月日、ISBN) 20の短編小説 (朝日文庫) - ●本の所在、読書期間、本の読み方(流し、部分、通読、精読)、難易度、評価 図書館、1..
5月に読んだ本は4冊。一番、面白かったのは川上未映子が村上春樹をインタビュー『みみずくは黄昏に飛びたつ』。 ■大きな鳥にさらわれないよう 川上弘美 泉鏡花文学賞受賞。第7回Twitter文学賞..
4月は『月刊カドカワ』に連載だった矢野顕子「月刊アッコちゃん」の文庫を再読。リアルタイムで読み、色んなことを思い出していた。古本でしか購入できないので本の情報はなし。『コロボックル物語1 だれも知らな..
- スポンサーリンク - 人間世界に混ざり込んだ、人ではないものにまつわる短編集。もしくは歯車のずれてしまった"人"にフォーカスした物語なのかもしれない。おとぎ話のような、神話のような、..
まぐろ納豆、蓮根のきんぴら、塩らっきょう! いきなり、こんなメニューで始まるのは、川上弘美のブレイク作、センセイの鞄。 この小説、文学好きの外人に、かなり受けている。 私はここ10年くら..
日本文学振興会は16日、『第153回芥川賞・直木賞(平成27年度上半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞にお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)の『火花』(文藝春秋)と羽田圭介氏の..
久しぶりに川上弘美さんの本を読みました。 久しぶりって言ったって、そうでもないかも? と思って検索してみたら 2009年以来読んでいなかったようで驚きました。 ほんとにそうだったろうか..
一週間以上も晴れの日が続いたあとの夜、雨の滴がぱちぱちとヘルメットを打ち付ける中を走っていたら、ふと川上弘美さんが読みたくなりました。この前読んだのはいつ頃だっただろう。まだ1年は経っていないと思うけ..
骨つきの鶏肉を入れて、ガラムマサラもオレガノもバジルも手元にあるハーブは入れて、冷蔵庫にあったブラックオリーブのピクルスも入れて、家でカレーを作ってみたら美味しかったことがありました。あまりに..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ