クリア
日経新聞」 の検索結果 2208 記事
   子規は東京へ行きたくて仕方なかった。東京への唯一の伝は母の八重の弟、拓川こと加藤恒忠であった。」  久松家(旧松山藩主の家)から許可を貰ったヨーロッパ留学の日取りが決まり、拓川はおおいに..
   二松学舎への学費はやすが出してくれた。  安い学費だった。それもそのはず学舎とは名ばかりで広い講堂に机が二、三あるだけで、畳は破れて中の稲藁が飛び出していた。  三島中州は、学問は身恰..
「暗号開示禁止で中国けん制 日米デジタル協定審議入りへ」日経新聞が日米デジタル貿易協定を対中政策とミスリード 暗号開示禁止で中国けん制 日米デジタル協定審議入りへ https://www.ni..
  「夏目さん、夏目大助さん」  ドアを開くと官舎の用務員が立っていた。 「ご自宅から電信が入ってます」  すぐに戻って来た大助は右手に紙を一枚握りしめていた。 「金之助、すぐに牛込の家..
   明治政府は、この十年の間にさまざまな法、新制度を発令し、実施してきた。  同時にこの時期、新政府はひとつのターニングポイントとなる出来事に直面する。  熊本、神風連の乱(明治九年)、福..
   金之助は、その夕の大助との寄席小屋入りがひどく印象的だった。 「こいつは家の弟の金之助だ。また来ることがあれば頼むよ」 「わかっております。お顔は皆さんで見えた時から覚えております」 ..
   その年の十二月、金之助は創設したばかりの浅草寿町の戸田小学校へ入学した。  家の事情もあって近所の子供より一年遅れての入学だから、やすは心配した。  ところが金之助、最初の半年で二級も..
日経新聞に書かれていた 堤防には頼れないから 国頼みの防災から転換をだそうです もう、 こうなると川の近くには住むな 海の近くには住むな 山の近くには住むな 家も所有すると危..
   塾へ通いはじめると、子規はいつの間にか活発な気性になった。  学問以外のものに目を引かれ、興味を示しはじめた。  芝居が来る、浄瑠璃が打たれる、おまけに新聞を人々が読み、中央の情報が届..
武田邦彦氏は「幸福の科学」および「幸福実現党」とは無関係と思われますのでご了承ください。 下の画像をクリックしてください
   無職だった昌之助がいっとき竹橋から小石川の二等戸長となり、一家は新宿に戻ったが、すぐにまた浅草の戸長に命じられ、諏訪町に移った。  浅草に戻ると、夫の帰りが遅くなった。  女の勘か、ど..
   明治二十八年十二月、金之助は見合いをした。  相手は、のちに妻となる中根鏡である。  金之助は見合写真をわざわざ神田の写真館に撮りに行っている。  見合いは簡潔に終り、鏡の印象も悪く..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ