クリア
楊逸」 の検索結果 18 記事
女性中国人留学生が日本ですき焼きの高級店で奮闘する。 この作家は芥川賞受賞作「時が滲む朝」以来2作目。    【送料無料】すき・やき [ 楊逸 ]価格:420円(税込、送料別) 主人公は21歳の..
07:47 01/20 りゅうちゃん別館 by りゅうちゃんミストラル http://ryubetsu.seesaa.net/
母国語が日本語でない作家の芥川賞受賞作。 中国の民主化を背景にした作品。    【送料無料】時が滲む朝 [ 楊逸 ]価格:450円(税込、送料別) 主人公の浩遠は、念願かなって志強と秦漢大学に合..
18:56 01/11 りゅうちゃん別館 by りゅうちゃんミストラル http://ryubetsu.seesaa.net/
→レビューを見る →最安を調べる 【説明】 梁浩遠と謝志強。2人の中国人大学生の成長を通して、 現代中国と日本を描ききった力作。 『ワンちゃん』に次ぐ期待の新鋭の第2作! ..
徹子の部屋今日は芥川賞受賞作家(イーヤン)楊逸。 父は大学教授、母は中学の教師。 23年前結婚、三人の子供をもうけましたが中国語の教師をフルタイムで始めた。 三冊ほどの力作を是非読み..
17:17 11/13 ケセラセラの日記 by ケセラセラ http://quisera.seesaa.net/
 代理出席を依頼してもそれに応じる支持者はいないのではないでしょうか。応じた人がまた、国家に批判的だとして攻撃されるでしょうから。全くやっかいな国です。 「平和賞は天安門犠牲者にささげる」妻に劉氏 ..
純文学系文学賞「芥川龍之介賞」の 受賞作家作品一覧─ 主催   :日本文学振興会(文藝春秋の外郭団体的位置づけの財団法人) 選考委員:池澤夏樹・石原慎太郎・小川洋子・川上弘美・黒井千次  ..
09:36 09/04 ライトノベル越境す! by 七草〔図書館戦争、面白い〕 http://lightnovels.seesaa.net/
楊逸さんの著書『時が滲む朝』 時が滲む朝 中国の学生たち。 愛国とは、 民主化とは、 共産主義国と資本主義国とは。 かつて、中国という国が 大きな転機を向..
楊逸さんの著書『ワンちゃん』 中国の今を垣間見るような感じ。 日本語に訳された本ではなくて もともと日本語として描かれたこの『ワンちゃん』。 そういう意味では、なかなか..
△「すき・やき」(楊逸)(新潮社、2009年11月) 中国籍作家の目を通して、今の日本では失われてしまったかのような「純朴な恥らい」というものを再発見するのは不思議な体験だった。著者の「..
読んだ本の数:8冊 読んだページ数:1479ページ と、図書館本が、図書館本が、間に合わないっ。 なんだか、時間に追われる読書って悲しい。 空気椅子体勢で読んでいるような落ち着かなさ。 ..
伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」 缶を入れる仕事って身近だけどよくわからなかったけど ちょっとわかるようになりました。 って話の趣旨はそんなことじゃあないです。 こういう擦れ違いってびっくりす..
17:47 05/11 猫とは食べれない by タッチストラップ http://mikekomikekomikeko.seesaa.net/
りゅーとぴあ劇場で行われた新潟港開港140周年記念フォーラムに行ってきました。 にいがた総おどりによる「新潟下駄総踊り」で開会 能登剛史さんのかけ声で、ガンガン踊ります。軽快なリズムを刻む樽砧..
前のページ    1  2    次のページ