クリア
殊能将之」 の検索結果 27 記事
◆本の内容(amazon.co.jpより引用) ミステリーのアンソロジーです。執筆者が次のお題とバトンを渡す相手をリクエストするリレー形式になっています。 ◆感想  好きな作家さんが多か..
うまくだまされました。 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能 将之 講談社 2002-08-09 売り上げランキング : 4281AmazonKindle楽天ブックス ..
・ミステリ寄りのトリッキーなサスペンス ・残酷描写が苦手な方も大丈夫 ・面白いが癖が強く、万人には薦められない おススメ度:★★☆☆☆ 少女の首にハサミを突き立てるという「..
ハサミ男 (講談社文庫) ■あらすじ・内容 女子高生2人が同様の手口で殺害される事件が発生していた。 2件とも被害者の喉にハサミが深く差し込まれていたことから、 マスコミは犯人を「ハサミ男..
*09年7月に別のところに書いた日記を修正した転載です。  殊能氏に関しては日記は毎日読んでいるのに、本業の小説の方はほったらかしという不義理を積んでいるので、たまには読まないとなぁと。 ..
*09年8月に別のところに書いた日記を修正した転載です。 『黒い仏』からの流れで、殊能将之『鏡の中は日曜日』読了。 鏡の中は日曜日 (講談社文庫) 『黒い仏』とおなじく、これまたメイ..
 序文で明記されているからいいかな。 「殊能将之以前」に執筆された文章をまとめたものです。基本的にはレビュー集で、ホームページを見ていた方なら、殊能氏の書評家としての顔にも馴染んでいたと思いますが、こ..
“美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。 三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。 自分以外の人間に、..
「ハサミ男」などで知られる殊能将之氏が亡くなられました。 シネマトゥデイ:作家・殊能将之さんが死去 49歳 映画『ハサミ男』原作者 Twitterでフォローさせていただいていたのですが、時々お..
ミステリー作家の殊能将之が亡くなったんですね。 「ハサミ男」とかが有名なんですね。
18:59 03/30 さとこ日記 by さとこ http://satoko28.seesaa.net/
ハサミ男 (講談社文庫) ★★☆☆☆
『子どもの王様』(殊能将之著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)です!! ネタバレあります!!注意!! <あらすじ> 団地に出没する王様の正体は!? 少年の勇気は、残酷な世界の秘密..
前のページ    1  2  3    次のページ