クリア
肺炎球菌ワクチン」 の検索結果 39 記事
厚生労働省の専門部会は10日、高齢者の肺炎予防に有効な肺炎球菌ワクチンの接種率を高めるため、経過措置として70歳以上を対象に実施してきた費用助成を5年間延長することを決めた。 肺炎は高齢者の死因..
「病み患いのモトを断つ」第3回 寒さが厳しさを増し、インフルエンザが流行している。厚労省の発表によると、全国の推計患者数は約6万人。例年、1月下旬ごろにピークを迎え、シーズン全体では1000万人..
けやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。 土曜日の診療後に「名古屋ワクチンフォーラム」に参加してまいりました。今回はワクチンの中でも「成人用肺炎球菌ワクチン..
■死因3位・肺炎の予防ワクチン定期接種化 65歳以上の高齢者などを対象にした肺炎球菌ワクチンが10月1日から定期接種化された。このワクチンは西田敏行さんのCMでもお馴染みだ。定期接種とは、国が接..
今年のインフルエンザは珍しいようです。 その理由は香港A型とB型が同時に発生しているので、 A型が治ってからB形に罹る人が少なからずいるようなんです。 二度もインフルエンザに罹ってしまうなん..
子どもだけじゃなく65歳以上に公費助成された肺炎球菌ワクチン の添付文書にある副作用の内容 下記の目次や文章の一部をぜひご覧ください。 そしてご家族をお救いください。 皆さんのお役に立て..
Q) 住んでいる自治体より、肺炎球菌の予防接種についての案内が届きました。打つべきものなのかどうか迷っています。(長久手市 65歳) A) 現在肺炎は日本人の死因の第3位であり、肺炎球菌はその肺..
ただの風邪と思って放っておいたら、違う病気だった――。秋津医院(東京都品川区)の秋津壽男院長によると、こういう患者さんは多いらしい。 「初期症状が風邪と似ている病気はいろいろあり、医師でさえ判別..
「プチ断食」を実践する人が増えています。 間違ったやり方を実践すると効果がないどころか、健康を悪化させてしまう 可能性が高いので、十分注意しなければなりません。 このため..
65歳以上の高齢者の間で肺炎を患う方が急増しています。 若い人が肺炎を患っても死に至るケースは少ないですが、体力、 抵抗力が著しく低下する高齢者には容赦なく襲いかかります。 ..
Q) 高齢者の場合、肺炎で亡くなる方もよく耳にします。肺炎予防のワクチンもありますが、一定の年齢になったら打つべきでしょうか。通常の風邪と肺炎はどのように見分けて受診すればいいでしょうか。 A)..
1歳になってすぐ、MRワクチン(麻疹・風疹の予防接種)を接種した。 そろそろ他の予防接種のスケジュールを組まないといけないので、去年からつけてるエクセルを更新した。 今年接種予定なのは、 ..
前のページ    1  2  3  4    次のページ