クリア
藤井聡太」 の検索結果 1207 記事
糸谷哲郎八段が77手目か、 それ以前にやらかしように見えます。 (糸谷玉の頓死なのか、それとも読み切っていてこの変化に飛び込んだのかは不明です。プロならば誰でも簡単に読み切れるはずだからで..
現在対局中の将棋王将戦、 糸谷哲郎八段対藤井聡太七段を調べていましたら、 易しい実戦詰将棋ができましたので出題します。 簡単な追い詰めです。 <解答付きの詰将棋>
この将棋には、 藤井聡太七段の恐ろしいわなが隠れています。 糸谷哲郎八段もそれに気が付いたはずです。 それらを打ち破るためか、 糸谷哲郎八段が現在長考中です。 「恐ろ..
将棋の形勢は後手が少しだけいいようです。 激指では550点程度、 もっと強い将棋ソフトでは600点程度後手良しです。 人間が指すならばほぼ互角かもしれません。 <71手目ま..
注目の第69期大阪王将杯王将戦リーグ、 藤井聡太七段にとっての第2局です。 この将棋で負けますとリーグ戦2連敗となり、 王将戦挑戦は絶望的となります。 何とかここで踏ん張ってほ..
午前10時開始の将棋です。 糸谷哲郎八段の先手です。 今日も随時「将棋棋譜速報」を載せていきます。
すべての棋譜がわかりましたので載せておきます。 今日の将棋には前例があって、 この間の千葉・鈴木戦だそうです。 あとで調べてみます。 今日の結果で藤井聡太七段の5連勝となりました。..
途中から投了までの将棋です。 将棋は101手で先手の藤井聡太七段が勝ちました。 初手から全棋譜(将棋盤)は明日載せます。 <途中から投了までの将棋の指し手>
現在の将棋の局面です。 先手の藤井聡太七段が必勝らしいですが、 宮本広志五段はまだ諦めていないようです。
宮本広志五段が60手目で凄い手を指しました。 将棋の優劣をはっきりさせるような鬼手奇手、 あるいは悪手かもしれません。 6時まで少し早いですが、 夕食休憩に入りましたので 60手..
解説の井出隼平四段によりますと、48手目時点では先手の藤井聡太七段の方が模様がいいようです。 ただ、指しやすいとか先手有利まではまだ行っていないようで、先手が勝つまでにはまだまだ道のりは..
12時40分の昼休み終了後から、 藤井聡太七段の長考が50分続きました。 中盤の難所のようです。 将棋の形勢はほぼ互角でしょう。 指し手は「将棋順位戦棋譜速報(正午現在)」から..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ