クリア
阿部謹也」 の検索結果 13 記事
「なぜ日本にキリスト教が広まらないのか?」その3 日本人の宗教観 前回の続きです。 歴史家として知られる「阿部謹也(きんや)」氏は「日本人の宗教観」についてこのように分析しています。..
金沢市・大乗寺山公園 前回の記事の続きです。 歴史家として知られる「阿部謹也(きんや)」という人は、日本の社会にはヨーロッパで見られない独特の概念として、「世間」または「世間体」というものがあ..
翻訳語成立事情 (岩波新書 黄版 189) 「〜は無かった」 こういう表現を使うのは一時期のブームだったようですが、確かに3ページから始まる society の考察でその現実が無かった..
アジールの日本史 欧州の金融危機でイタリアの政権が教会に対する課税強化の動きを見せました。 いままでそれをしてこなかったというのはやはり力が強くてできなかったからなのでしょう。 ..
功利主義者の読書術 役立つということを目指しているものの、スキルというほど直接的ではなく、教養というほど膨大な知識を必要とするものでもなく、それらの中間に位置する筆者ならではの味..
[ドイツ情報] ブログ村キーワード 『物語ドイツの歴史』(中公新書)を読了。 物語 ドイツの歴史―ドイツ的とはなにか (中公新書) ドイツ中世史の大家である阿部謹也による一般..
22:53 10/14 読書日記 by こまち http://csqn.seesaa.net/
 個人を出すことのリスクを避けて、立場の中に身を隠すという生き方は好みではない。  それを安易に肯定してしまえば、結局マイノリティの意見は正否にかかわらずそれが少数であるというだけで封殺されてし..
 筆者最晩年の著書らしい。  ドイツ史に携わっていた者なら、その名は知っておかなければならないはずだが、妙に読みにくい印象があって、丁寧に読み込んだ記憶がほとんどない。  その印象はやはり..
西欧中世関係の本と言ったら、私が頭に浮かべる阿部氏の本ですが、本書はこれまで読んだ本とは、いささか取り扱い対象が異なっています。 中世のヨーロッパでありつつも、所謂キリスト教的世界ではなく、むし..
読了。興奮しました、久しぶりに。 ドイツ中世史の泰斗として知られる阿部謹也氏の著作。晩年には「世間」とは何かを追求されていたようです。日本における民主主義や教養とは何か、大学における生涯教育提唱など..
読了。私にとっては些か難解なところもありましたが、随所にハッとさせられる言葉がありました。・ 日本における「社会」は、明治以後に導入された”近代的社会”と”世間”という二重構造を持っている。 ・ 人間..
読了。アメリカの覇権政策、日本の保守(?)化・・・。 そうした世界の片隅で読む半世紀前に書かれたドイツ史家ヘルマン・ハインペルの著作。この本は、一歴史家が根底にもっている自身の歴史意識、時間意識を掘..
前のページ    1  2    次のページ