クリア
鳥害」 の検索結果 770 記事
「餌ヲ食ウベカラズ」とカラスに警告する看板=2019年5月23日、富山市本丸  烏(カラス)ニ告グ ココデ餌ヲ食ウベカラズ――。フンや威嚇などのカラスの被害を減らそうと、富山市がカラスに向けた警..
「カラス居座り禁止」と書かれた看板=いずれも富山城址公園で(柘原由紀撮影)  ふん害や鳴き声などが問題化しているカラスへの新たな対策として富山市は10日、カラスの侵入を禁止する看板を富山城址(じ..
甲府駅前に貼られた鳥糞対策実施中の表示 セレオ甲府に設置された鳥よけ装置 信玄公像近くのハト(25日) 甲府駅前 フン害対策、効果は抜群  「ピヨピヨピヨ」。JR甲府駅南口で鳥の鳴き声のような..
市が「カラス侵入禁止」看板を設置する富山城址公園=富山市内  富山市の森雅志市長は1日の定例会見で、富山城址公園の新たなカラス対策として、カラスに侵入禁止を呼び掛ける警告看板を設置する考えを示し..
干潟の上にカモよけのテグス(漁業用釣り糸)を張る漁協役員。周りには侵入防止の囲い網を設置してある=12日、木更津市 潜水してアサリを食べるカモ(牛込漁協提供) 潜水してアサリを食べるカモ(牛込漁協..
ドローンによるカワウ抑制の実証実験  アユやコイなどを捕食し漁業被害をもたらすカワウの繁殖を抑えようと、漁協関係者や研究員らが13日、小型無人機「ドローン」を使って巣の卵にドライアイスをかけてふ..
電線に“鈴なり”状態のカラス=2月7日夜、福井県福井市順化1丁目  福井県福井市の繁華街・通称「片町」で今冬から春にかけて、カラスが毎晩、大挙して飛来している。電線に黒い影が“鈴なり”で、道路は..
(上)夕方、ねぐらに戻るため樹木の上に集まり始めるカラスの群れ(下)カラスの捕獲用に設置されたおり=いずれも富山城址公園で 県内初 捕獲中心の対策前進  富山市は、カラスへの餌やりを禁止し、ふ..
 弘前市に集まってくるカラスの被害対策です。 弘前大学などが 追い払いに役立てようと、カラスにGPSを取りつけて放し、追跡調査を始めました。  調査は、弘前大学と県、それに弘前市が鳥獣被害を防ぐた..
八戸市中心街ではカラスによるふん尿で道路が汚れる被害が相次いでいる(写真は合成。下側はカラスを追い払う関係者、上側は中心街に集まったカラス) 八戸市中心街にカラスが大量に飛来し、ふん尿で道路が汚れる..
市が無償で貸し出すクロウラボのカラス被害防止機器  【宇都宮】カラスによるごみの散乱被害を防止するため、市はカラス被害対策コンサルティングの「CrowLab(クロウラボ)」が開発したカラス被害防..
数百メートルにわたって電線に連なるカラス=熊本市中央区花畑町  熊本市中心部を数千羽のカラスがねぐらとし、糞(ふん)害が広がっている。熊本市が駆除の対策を検討しているが、有効な手段が見つかってお..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ