クリア
usmanov affair」 の検索結果 9 記事
アーセナルFCに対する「ウスマノフ(以下「ウス」)の危機」はとりあえず去り、ウスについての「疑惑」を書いたクレイグ・マレーのブログに対する法律事務所の圧力に端を発した一連の「ブログ閉鎖」騒動も、震源地..
やっとグループBの順位表を見たときのどうしようもない違和感が多少軽減されるようになったが、かたやグループEは、モスクワで2-1で敗れたため、イングランドのEURO出場がマジで危ない(自力での予選突破の..
4日の「ウスマノフは情報戦を仕掛けてきているのか、それとも(以下略)」というエントリで見たBBC記事で名前が出ていたBBC sports editor Mihir Boseが、BBCのブログで現在の状..
「今日できないことも、明日にはできるかもしれない」――いい言葉ですね。私も今日知らなかった単語を覚えて明日には使えるようになっている、ということが今でもあります。実に、末尾に「みつを」と書き添えたくな..
金曜日のメディア・ガーディアン。ちょっとおもしろおかしく書いてるけど、これこわいよ。ウズベキスタン生まれ・ロシア国籍の大富豪が法律事務所経由で圧力かけてクレイグ・マレーのサイトを閉鎖させたらしい。で、..
1つ前の、アーセナルをめぐる、いろいろな背景がありそうなビジネスマンの動きについてのエントリの続き。 どっちにしても結局ピッチとは直接関係ないカネの話なのだが(それ自体が絶対的に「悪い」ことでは..
アーセナルの件(→Usmarov affairというタグをつけました)、少しだけ続報。会長が出てきたので。 Hill-Wood dismisses Chelsea plans Last Upd..
Oh dear, oh dear, oh dear! ウスマノフの手が伸びてきている。 Arsenal meet with Usmanov partner Last Updated: Fr..
金曜日の時点でアーセナルの株の23パーセントを、ウスマノフ氏の投資会社が持っているというおそろしいことになっているが、彼らとの会合(→ガナ公式にボードのステートメント)を終えたあとで、アーセナルのma..
前のページ    1    次のページ