クリア
藤沢周平」 の検索結果 211 記事
消えた女  彫師伊之助捕物覚え  藤沢周平 著  新潮文庫      昭和58年9年25日 発行      平成17年2月25日 50刷改版      平成23年9月20日 68刷 目次 ..
 文藝春秋社刊行の藤沢周平全集の最後の一冊「別巻 人とその世界」を読んでいる。外は久々に二日続きの雨。山形県を流れる大河最上川は溢れんばかりに増水している。夢職の私は外にも出ずに畳に寝転がり昼寝と読書..
 酔って部屋にもどると海の音がした。強い風が吹き荒れ、海はたえずこうこうと鳴り続けていた。それは波音とは別に、海そのものが鳴る音だった。酔っていたが、私はしばらく眠れずにその音を聞いた。  いつ..
 どうも今年は空梅雨になるようだ。そのせいか、庭の隅の庄内柿は例年に比較して花の付きが悪かった。そして、その少ない花から育った小さな実が、つい先達って一斉に落下してしまった。気になって隣近所の木を見て..
 藤沢周平は、ここ庄内に生まれている。生家までは我家から車で一時間ほど。庄内平野を日本海と隔てる丘陵の東側にある。湯の浜の手前から峠越えで大山を通り、さらに南下して湯田川に向かう道の途中で標識を見かけ..
 佐川国税庁長官は、メディアの印象操作もあるが、いかにもはしっこそうで、平気で嘘をつくような顔にも見えてくる。我々の子供時代にもあんな子供が必ずいたものだ。機を見るに敏で、陰日向があり、強い者に弱く弱..
このサイトは次の URL に移転しました。0秒後に新 URL に転送します 手を当てて鐘はたふとき冷たさに爪叩き聴く其のかそけきを 長塚節 藤沢周平の常のファンからすると、「白き..
このサイトは次の URL に移転しました。0秒後に新 URL に転送します 「土」を書いた長塚節(ながつかたかし)は歌人だった。その伝記を小説として藤沢周平が書いた「白き瓶(かめ)..
(N大学運営のSNSへの筆者アカウントへの投稿を若干加筆して掲載しています)  歴史小説の両雄であった司馬遼太郎と藤沢周平、その小説に描かれた歴史上の人物像の描き方には大きな相違点を感じます。両..
13:54 09/05 文学ノート by ろぉじ生 http://bulien.seesaa.net/
 ・・・・・・ 藤沢:  ・・・近年読んだ鶴見俊輔さんの「戦時期日本の精神史」の中に、「十五年戦争の始まるまで、日本の教育体系は二つに分かれて設計されていました。小学校教育と兵士の教育においては、..
 私は政治というものに、時にはかなり懐疑的な感想を抱くことがある。国を治め、天下を平穏に保つのが、政治の目的だろうと思うが、古来政治によって世の中が平和で、万民が幸福だった時代がどれほどあったろうかと..
 昭和(太平洋戦争)のあの年代に喧伝された武士道は、本来の武士道にてらせば似て非なるものだったという指摘がある。それなら本来の武士道なら容認していいかというと、私はそこにもまだこだわりがある。  儒..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ